Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イエメン大統領が国連の和平への取り組みに「不変の支持」を約束

イエメン大統領が国連の和平への取り組みに「不変の支持」を約束

2020年10月12日、サウジアラビアのリヤドで、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー大統領は、マーティン・グリフィス国連事務総長イエメン担当特使と会談した。(Twitter/@HadiPresident)
2020年10月12日、サウジアラビアのリヤドで、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー大統領は、マーティン・グリフィス国連事務総長イエメン担当特使と会談した。(Twitter/@HadiPresident)
Short Url:
13 Oct 2020 08:10:30 GMT9
13 Oct 2020 08:10:30 GMT9
  • ハーディー大統領は現地での「具体的な取り組みを心待ちにして」いると述べた
  • グリフィス特使は和平を支持する大統領の尽力を評価すると述べた

アラブニュース

リヤド:イエメンの大統領は、戦火で荒廃したこの国で和平を確立する取り組みに、「不変の支持」を約束した。

アブド・ラッボ・マンスール・ハーディー大統領は10月12日、マーティン・グリフィス国連事務総長イエメン担当特使とサウジアラビアの首都、リヤドで会談した。

イエメンの指導者は、自らの政権がした譲歩は、フーシ派武装組織の本人の言う「傲慢と強硬姿勢」を、もたらしただけだったことを強調した。

ハーディー大統領は、昨年合意に達した協定を構成する主要3要素の実施で、グリフィス特使の取り組みを支持すると述べた。

12月に署名されたストックホルム協定は、国連安全保障理事会によって承認され、ハーディー政権とイランの支援を受けるフーシ派によって署名された。

しかし、協定が署名されてからもずっと、フーシ派武装組織は「その規定を実施することに無関心であったり、熱望していたり」しており、協定の時間枠を超過している、とハーディー大統領は述べた。

ハーディー大統領は、政府が「現地での具体的な取り組みを心待ちにして」いるとも述べた。

「私たちのイエメン国民は、イエメン国民が手にするに値する平和のみの達成を熱望しています。そして、この地域的・世界的なメッセージはこれを裏付けています」と、ハーディー大統領は述べた。

フーシ派は「明らかにイランの技術や知識の蓄積をイエメンに移そうとしています。これは私たちのイエメン国民にとって、いかなる犠牲を払っても決して容認できないし、耐えることができません」

グリフィス特使は、赤十字の協力のもとに行われた捕虜の解放と交換をはじめ、和平達成を目指すあらゆる取り組みと協議を評価すると述べた。

同特使はまた、国際社会がイエメンの状況全般を注意深く見守っており、和平を支持する大統領の取り組みを評価しており、イエメン国民が手にするに値する平和を達成するために、大統領独自の尽力を支持しているとも述べた。

特に人気
オススメ

return to top