Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジのクレジットカード債務が44億6,000万ドルに増加

サウジのクレジットカード債務が44億6,000万ドルに増加

25 Oct 2019
銀行が責任を持って、顧客に先々むりな支払額を負わせることがないようにするのだと、サウジ金融庁は述べている。(Shutterlock)
銀行が責任を持って、顧客に先々むりな支払額を負わせることがないようにするのだと、サウジ金融庁は述べている。(Shutterlock)
Updated 26 Oct 2019
25 Oct 2019

Aseel Bashraheel

  • サウジ金融庁筋によると、スマホや支払いアプリの普及がクレジットカード使用を増加させた一因。
  • 金融庁は所得別の借入限度額を定めた。

[ジッダ発] サウジアラビア国民は総額160億7,200万リヤル(44億6,000万ドルに相当)のクレジットカード債務を抱えている。サウジ銀行の、メディア対策および銀行業務周知の委員会で事務局長を務める Talat Hafez 氏が明らかにしたところによると、上記の額は2019年の第1四半期から6.96%、2018年の第2四半期からは19.25%増加したものである。

さらに Hafez 氏によれば、2019年の第2四半期には約300万枚のクレジットカードが発行または使用されており、こちらは第1四半期にくらべ微増、前年同期比では4.3%増加しているとのことである。

 しかし Hafez 氏は、サウジのカード利用者が過重債務に陥っているわけではないと判断できる数々の指標があるとし、前記の債務総額も憂慮するには及ばないとした。

 2018年、サウジ金融庁は消費者と貸し手の双方を対象に、「責任ある貸付」の基準を導入している。

 Hafez 氏はアラブ・ニュースの取材に対し、「この貸付基準のおかげで借りる側もだいぶ安心できますし、金融機関が貸しすぎで顧客をつぶしてしまうような心配もかなり軽減できます」と評価している。「銀行が責任を持って、顧客に先々むりな支払額を負わせることがないようにするわけです」。

 クレジットカードの発行枚数・使用回数が増えている件にしても、氏によれば急激なものではなく、多々ある原因も健全だという。世帯の支出にカードを使うことが多くなったとか、使用限度額いっぱいまで利用できれば特典があるとか、単に便利だから使う、といったことである。

 「金融包摂を地で行く効果もカードにはあるのです。カード支払いにすれば銀行からポイントがもらえて先々お得、といった売りで顧客を誘導していけば、貨幣流通量を減らして代わりにポイントを行きわたらせることができるわけですね」。

 Hafez 氏はまた、スマホや支払いアプリの普及もクレジットカード使用を増加させた一因だという。

 「かつて企業や銀行は顧客の支払能力や毎月の、ややもすると毎日の支出状況を完璧に審査して、じゅうぶんな支払能力があることを確認しなければなりませんでした。この審査を経ないと何のローンも売り込めなかったのです」。

 この状況をうけてサウジ金融庁は、ローン顧客の所得を「1万5,000リヤル(4,000ドル)未満」「1万5,000リヤル以上2万5,000リヤル未満」「2万5,000リヤル以上」の階級に大別、階級ごとに借入限度額を定めたのであった。

 「ですが、顧客が何も知らず銀行に騙されつづけるような時代は終わりました。目の肥えた顧客が育ってきていますよ」と Hafez 氏は言う。

 「これからは顧客も責任を持って、自分の経済活動を消費というよりむしろ生産的な借入に向けていくべきです。自分の支払能力もきちんと把握して、全額払いきれるのか見きわめていかなければなりません。無茶なローンを組んでしまったのでは、行き着く先は雪だるま式の借金、そしてクレジット履歴の悪化だけなのです」。

topics
Most Popular
Recommended

return to top