Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • クウェートの外国人労働者削減案を国会委員会が検討

クウェートの外国人労働者削減案を国会委員会が検討

政府はまた、2005年から2019年の間に国の外国人人口が4,420,000人にまで急増したことについても議論した。(ファイル/AFP)
政府はまた、2005年から2019年の間に国の外国人人口が4,420,000人にまで急増したことについても議論した。(ファイル/AFP)
Short Url:
10 Aug 2020 08:08:19 GMT9
10 Aug 2020 08:08:19 GMT9

アラブニュース

  • 国会議員が提出した7つの計画の1つは、国内の各移民コミュニティの割合を定めるよう要求している。
  • クウェート政府の計画は、公的部門の約16万人の外国人労働者を国民に置き換えることを要求している

ドバイ:政府と国会の人的資源委員会の間で決定に関する協議が始まり、クウェートにいる何千人もの外国人が国を退去すると予想される。

政府と国会の案が委員会によって検討されている、と日刊全国紙 Kuwait Times(クウェート・タイムズ)が報じた。

国会議員が提出した7つの計画の1つは、国内の各移民コミュニティの割合を定めるよう要求している。

クウェート政府の計画はまた、公的部門の約16万人の外国人労働者を国民に置き換えることを要求しているが、時間枠は設けていない。

提案はまた、国に「マイナス影響」を示す外国人や不法滞在者である約37万人を短期的措置により退去させる可能性があることを示唆した。

政府はその計画に、「周辺」労働者を25%削減すべきだと付け加えた。また、政府の雇用での一時雇用契約を30%引き下げると見込んでいる。

政府はまた、2005年から2019年の間に国の外国人人口が4,420,000人にまで急増したことについても論じた。この時期に、国民人口は860,000人から1,335,000人に増加したと付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top