Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日英EPA、23日にも署名=来年1月発効へ調整

日英EPA、23日にも署名=来年1月発効へ調整

情報筋によると、英国の国際貿易大臣リズ・トラスは署名のために日本訪問が憶測されている。
情報筋によると、英国の国際貿易大臣リズ・トラスは署名のために日本訪問が憶測されている。
Short Url:
12 Oct 2020 09:10:48 GMT9
12 Oct 2020 09:10:48 GMT9

政府が英国との経済連携協定(EPA)について、23日にも署名する方向で英政府と最終調整に入ったことが12日、分かった。トラス英国際貿易相が来日する案も浮上している。26日召集の臨時国会で承認されれば、来年1月1日発効の見通し。

 日英EPA交渉は9月に大筋合意。発効により、英国に輸出する日本車は、日本と欧州連合(EU)間のEPA同様、2026年2月に関税が撤廃される。焦点だった英国産ブルーチーズは、日欧の協定に基づく低関税枠に余剰がある場合に限り、EUと同じ低関税が適用される。 

 英国のEU離脱に伴い、日欧EPAに基づく英国との関税優遇措置は今年末に失効する。日英の協定が年明けに発効すれば、両国間のビジネスは大きな混乱を避けられる公算が大きい。

JIJI Press

特に人気
オススメ

return to top