Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • NvidiaのArmとの取引が、コンピューターの処理能力の成長を促進させる、とSoftbankのCEOは述べる

NvidiaのArmとの取引が、コンピューターの処理能力の成長を促進させる、とSoftbankのCEOは述べる

日本のソフトバンクグループ株式会社のCEO、孫正義氏が2018年11月5日、東京の記者会見に出席している。(ロイター/ファイル写真)
日本のソフトバンクグループ株式会社のCEO、孫正義氏が2018年11月5日、東京の記者会見に出席している。(ロイター/ファイル写真)
Short Url:
23 Oct 2020 05:10:44 GMT9
23 Oct 2020 05:10:44 GMT9

・サウジアラビアの公的投資基金(PIF)は、1,000億ドルのビジョンファンドのアンカー投資家である

東京/ドバイ:ソフトバンクグループ株式会社のCEO、孫正義氏は木曜、チップ設計者ArmのNvidia Corporationへの売上が、コンピューターの処理能力の成長を促進させる、と400億ドルの取引が9月に公表されて以来初の公式発言で述べた。

孫氏は、1,000億ドルのビジョンファンドのアンカー投資家であるサウジアラビアにより開催された、人工知能に関するバーチャルサミットでコメントし、AIが社会を変えるであろうという考えを繰り返し述べた。

孫氏による一連の資産売却の一部であるNvidiaの取引は、自身のグループが悪化する投資とCOVID-19の世界的流行により揺るがされているが、業界での中立的なサプライヤーとしてのArmの役割を脅かすのではと懸念を提起している。

孫氏は、投資に重点を置くため一新されている途中の、消費者やサプライヤー向けの同グループの恒例イベントであるSoftBank Worldで、NvidiaのCEOジェンスン・フアン氏と来週会談する予定である。

SoftBankの増加する大量の資金は、ブランクチェック会社への外部資金を対象とするビジョンファンドとともに、今後の投資計画に関して動力となる投機である、と同グループが力を取り戻しつつある証拠だとして情報筋は述べた。

「私はリスクを冒す人です」と孫氏は木曜日に述べた。

ビジョンファンドを監督するSoftBank Investment AdvisersのCEO、ラジーブ・ミスラ氏は、この6~8ヵ月でオンラインコマース企業が得た市場占有率は、彼らがこの4年間を合わせて得た以上のものであった、と述べた。

「コロナウイルスにより、AIの加速度がより一層早まりました」とミスラ氏は同会議で語り、ビジョンファンド1および2で投資した105社の企業において、人工知能は彼らのビジネスの核となる、と付け加えた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top