Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 原油価格、クランチOPEC+供給協議の前に急上昇

原油価格、クランチOPEC+供給協議の前に急上昇

OPEC+は火曜日に会合を開き、市場と生産量を監視する。(ロイター/ファイル)
OPEC+は火曜日に会合を開き、市場と生産量を監視する。(ロイター/ファイル)
Short Url:
17 Nov 2020 11:11:26 GMT9
17 Nov 2020 11:11:26 GMT9
  •  サウジアラビアとロシアが率いるエネルギー相が火曜日に会談
  •  サウジアラムコ、国際市場から数十億ドルの資本注入を求めるフランク・ケイン

ドゥバイ: OPEC+が来年までの追加供給を抑制することで合意するのではないかとの期待感が高まり、原油価格は上昇しました。

サウジアラビアとロシアに代表される輸出国同盟のエネルギー大臣は火曜日に会合を開き、市場と生産量の水準を監視していますが、1月の日量200万バレルの増産は少なくとも3ヶ月、おそらくは6ヶ月間延期されるとの憶測が流れています。ブレント原油は4%上昇し、1バレルあたり45ドル近くまで上昇しました。

ある石油関係者は、サウジアラビアのエネルギー相アブドゥル・アジズ・ビン・サルマン王子のコメントを参考に、サウジアラビアと他のOPEC+加盟国は新しい生産量レベルのタイミングに柔軟性があるだろうと述べています。

4月に発表された歴史的な削減を遵守することは、3ヶ月連続で100%以上で実行されています。1月の供給レベルを変更する正式な決定は、月末のOPECの完全な会議で承認されなければならないだろうとの見込みです。

サウジアラムコが国際市場から数十億ドルの資本注入を求めると発表したのは、より強い石油の見通しと経済状況の改善が要因となりました。

世界最大の石油会社であるサウジアラムコは、昨年の世界市場への120億ドルの記録的な進出に続いて、最新の債券発行のために大手銀行を雇ったとリヤド証券取引所に語りました。

アラムコは、コロナ禍の中で利益を上げ続けている数少ない石油会社の一つであり、昨年最初の株式を購入した投資家に750億ドルの年間配当金を支払うことを約束しています。

topics
特に人気
オススメ

return to top