Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アラムコの多額の債券の売却により、湾岸諸国の債券の発行額が増加

アラムコの多額の債券の売却により、湾岸諸国の債券の発行額が増加

エコノミストによると、アラムコの債券売却に対する需要は強いと思われる。 (付属)
エコノミストによると、アラムコの債券売却に対する需要は強いと思われる。 (付属)
Short Url:
18 Nov 2020 09:11:02 GMT9
18 Nov 2020 09:11:02 GMT9

アラブニュース

  • ゴールドマン・サックスによると、主に湾岸諸国とラテンアメリカからの債券発行が来年、1,400億ドルに達すると予想されている。

ロンドン:世界最大の石油会社であるサウジアラムコが湾岸全域の多数の新規債の売却に参加し、ドル建て債の売却を開始した。

石油価格の低迷により、昨年の記録と1,000億ドルの壁を越えて、すでに債券発行に拍車をかけている債券市場に対して地域全体の企業が債券の増加を促している。

ゴールドマン・サックスによると、この傾向は来年も続き、債券の発行額は1,400億ドルに達し、そのほとんどは湾岸諸国とラテンアメリカからのものだろうと予想されている。

ADCBのチーフエコノミストであるモニカ・マリク氏はアラブニュースに、「現在の市況はアラムコが債券を増やすことに好意的であり、需要は強いと予想されます。」と述べた。「調達された資金は、配当金の支払いに役立ちます。」

シティ、ゴールドマン・サックス・インターナショナル、HSBC、JPモルガン、モルガンスタンレー、NCBキャピタルが債券売却に取り組んでいる、とアラムコは月曜日の登録時に述べた。

アラムコは、すでに200億ドル以上の注文を集めている売却の規模を明らかにしなかった、とロイターは報じた。

パンデミック関連の封鎖により、市場に原油がすでに十分に供給されていた時期にガソリンと航空燃料の必要性が減少したため、世界中の石油会社は、需要の劇的な減少に対応している。

需要の弱体化は、OPEC +生産者の戦略に注目を集めている。このグループは現在、1月から1日あたり約200万バレル(bpd)の生産量を増やすという以前の計画を延期することを検討している。

サウジアラビアのエネルギー相であるアブドゥルアズィーズ・ビン・サルマーン王子は、OPEC +共同閣僚監視委員会の会議の冒頭で、「私たちはグループとして、市場に否定的な反応をする言い訳を与えたくありません。」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top