Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 直近でオリンピック出場を決めたのは柔道家のタハニ・アル・カフタニ氏

直近でオリンピック出場を決めたのは柔道家のタハニ・アル・カフタニ氏

タハニ・アル・カフタニ氏が2020年東京オリンピックの女子柔道に参加する予定(サウジオリンピック委員会)
タハニ・アル・カフタニ氏が2020年東京オリンピックの女子柔道に参加する予定(サウジオリンピック委員会)
Short Url:
14 Jul 2021 12:07:06 GMT9
14 Jul 2021 12:07:06 GMT9
  • 国際オリンピック委員会は、水曜日の東京出発に間に合う形で参加を決定した

アラブニュース

リヤド: 柔道家のタハニ・アル・カフタニ氏が直近で2020年東京オリンピックの出場を決めたサウジ代表アスリートになったと、アラブの日刊スポーツ紙アリヤディヤが報じている。

国際オリンピック委員会 (IOC) は月曜日、アル・カフタニ氏のオリンピック出場を認めたと発表した。アル・カフタニ氏は東京オリンピックに参加するサウジ代表団の33人目のアスリートとなった。

アル・カフタニ氏はオリンピックの柔道競技参加が決まった2人目のサウジ選手となる。スレイマン・ハンマド氏は男子柔道に参加する。

日本に向かうその他のサウジのアスリートは、ウエイトリフティングのシラージュ・アル・サリーム氏とマームード・アル・アハメド氏、ボート競技のフセイン・アリレザ氏、空手のタレク・ハムディー氏、水泳のユーセフ・ブアリッシュ氏、卓球のアリ・アル・カドロイ氏、射撃のサイード・アル・ムタイリ氏、陸上走者のヤスミン・アル・ダバッグ氏、陸上競技のメイゾン・アル・ヤッシン氏、そしてサッカーのサウジ代表チームとして出場する22人の選手たちだ。

代表団は7月14日に東京に到着する。

特に人気
オススメ

return to top