Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、2021 年の地域 IPO 市場をリードすることを期待する

サウジアラビア、2021 年の地域 IPO 市場をリードすることを期待する

地域における 7 件の IPO のうち 4 件がサウジ証券取引所 ( タダウル ) で行われたため、王国は「2020年一次市場に指導力を与え続けた」、と報告は述べた。( フランス通信社、記録、写真 )
地域における 7 件の IPO のうち 4 件がサウジ証券取引所 ( タダウル ) で行われたため、王国は「2020年一次市場に指導力を与え続けた」、と報告は述べた。( フランス通信社、記録、写真 )
Short Url:
13 Jan 2021 11:01:14 GMT9
13 Jan 2021 11:01:14 GMT9

アラブ ニュース

  • 調達した公募による手取り金という観点で、サウジアラビアは圧倒的で、その発行数の 78% を占めた。

リヤド: クウェートに拠点を置く、KAMCO インベストメント カンパニー (KAMCO Investment Co.) の発行した報告によると、サウジアラビアは、2021 年の地域新規公開株式 (IPO) 市場をリードする準備が整っており、上場申請の可能性は15 社を超えると政権は見込んでいる。

地域における 7 件の IPO のうち 4 件がサウジ証券取引所 ( タダウル ) で行われたため、王国は「2020 年一次市場に指導力を与え続けた」、と報告は述べた。

また王国は、調達した公募による手取り金という観点でも圧倒的で、発行数の 78 パーセント、14 億 5000 万ドルを占める。

カタールは 2020 年 12 月、総額 1 億 7800 万ドルに上る、QLM 生命医療保険会社 (QLM Life & Medical Insurance Co. ) の新規公開株式に関する、一次発行を目の当たりにした。

アラブ首長国連邦は、9,530 万ドル相当のアル・マル・キャピタル REIT (Al-Mal Capital REIT) の発行で、IPO 市場に再参入した。

サウジアラビアのヘルスケア運営管理会社、ドクター・スライマン・アル・ハビブ医療サービス (Dr. Sulaiman Al-Habib Medical Services) は、公募による手取り金が 6 億 9,860 万ドルに上り、2020 年同地域における最大の IPO となった、と同報告は述べた。

サウジアラビアの小売業者、ビン・ダウッド・ホールディング (Bin Dawood Holding) が、公募による手取り金が 5 億 8,510 万ドルで続いた。

世界的には、IPO 発行件数は 2020 年には対前年比 15 パーセント伸びており、1,322 件に上った。手取り金は同期間に 26 パーセント上昇して 2630 億ドルとなり、2010 年以来最高水準となった。これは、米国において対前年比 69 パーセント急増したことが主な原因である。その他の世界の地域では、中国の発行件数が 41 パーセント増加した。

 2020 年、湾岸協力会議 (GCC) 加盟国における IPO 総件数は、2019 年は 12 件であったが、7 件に減少した。しかし、KAMCO は、2021 年は楽観視していると発表した。

「地域内から一次市場を支援する刺激となる件数を見る限り、GCC における IPO 市場は、2021 年も変わらず活気があると予想している」、と同社は加えた。

2020 年の GCC 発行者からの公募による手取り金は、地域および国際証券取引所双方で、18 億 7,000 万ドルに上るのに対し、2019 年は 290 億 4,000 万ドルであった、と同報告は述べた。

「GCC における IPO 市場は、私たちの見解では 2020 年は、とりわけ上半期がより活気があった。というのは、二次市場が Covid-19 の影響から回復するまで、発行者が一次市場に参入するのを延期したためだ」、と同報告は加えた。

「このため、2020 年の発行が年末にずれ込み、また公開を 2021 年に持ち越した発行者もいる。」

12 月、タダウルは、自身の IPO に向けた共同作業の準備を始める計画があることを発表した。着手は来年の見込みである。

タダウルのハーリド・アブドゥッラー・アール・ハサン (Khalid Abdullah Al-Hussan) CEO および役員は 2020 年、ブルームバーグ (Bloomberg) の企画したオンラインセミナーで、2020 年は「例外的な年」であったが、パンデミックの影響に対し、「市場は将来を見越して反応した」、と演説した。

証券取引所の回復力の例として、彼は、タダウルが 8 月、王国初の為替取引による金融派生商品市場と手形交換所に着手したことを指摘した。これは海外の投資家により魅力的な株式市場とする戦略の一環である。タダウルは 2007 年創業、パブリック・インベストメント・ファンド (Public Investment Fund) が 100 パーセント出資している。

 同社自身の上場申請と並んで、2021 年は王国の IPO にとって重要な一年となるだろう、と彼は希望を表明した。

同イベントで、サンバ・フィナンシャル・グループ (Samba Financial Group) 会長アーマー・アル・フダイリー (Ammar Al-Khudairy) は、アール・ハサンの楽観論を繰り返し、「2021 年には良好な件数 ( 12 程度 ) の IPO があるだろう」、と話した。

特に人気
オススメ

return to top