Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エネルギー動向の総括:2月

エネルギー動向の総括:2月

Short Url:
28 Feb 2021 08:02:24 GMT9
28 Feb 2021 08:02:24 GMT9
  • 米国テキサス州の大寒波による影響で原油生産量が大幅に減少したことをうけ、市場は米国の原油生産の再開についていまだ動向を見極めている。

ファイサル・ファエック

リヤド:米国テキサス州の大寒波による影響で米国の原油生産量が急落する中、WTIが1バレルあたり60ドル以上上昇し、ブレント原油価格が1バレルあたり65ドル以上で取引されたことにより、原油価格はまたしても週単位で大きく上昇した。今週はブレント原油が1バレル66.13ドル、WTIが61.50ドルで取引を終えた。

テキサス州の大寒波による影響で原油生産量が大幅に減少したことをうけ、市場は米国の原油生産の再開についていまだ動向を見極めている。米国の原油生産への影響はまだ明らかになっていない。米国の一部の生産者は、寒波の期間、日量約400万バレルの生産損失を報告しているが、米国エネルギー情報局(EIA)は日量100万バレルの減少にとどまったとしている。

米国の商業用原油量は、テキサス州の寒波により製油所の稼働が12年ぶりの低水準になったことを受け、先週は128万バレル上昇して4億6,304万バレルとなった。米調査会社S&Pグローバル・プラッツは、米国の製油所の稼働率が14.5%低下し、68.6%となったことを受け、米国の純原油投入量は259万バレル減の1,223万バレルとなり、2008年9月に終了した週以来の低水準となったと報告している。

テキサス州の寒波が米国のエネルギー産業に大きな影響を与える以前から、米国の原油生産量は大幅に減少していた。EIAによると、米国の原油生産量は970万バレルに減少し、前週から110万バレル減となり、1年前の米国のピーク時の1310万バレルを340万バレル下回った。OPECプラスによる820万バレルの減産(サウジアラビアによる100万バレルの追加減産を含む)に加えて、世界の供給量が約1,160万バレル減少したことで、これまでのところ市場への影響はなく、原油価格は4ヶ月連続で高値を記録した。

アジアでは春の製油所整備シーズンを控えているにもかかわらず、原油価格は1バレルあたり100ドルに達する可能性があるという強気の話が出ている。中国が原油輸入量を減少させる準備を進めており、これは完全に間違っている。新型コロナウイルスに対する継続的な懸念により、今後数ヶ月の間に原油価格が70ドル台に上昇するまで、アジアの製油所は原油精製を一段と抑制する可能性がある。

皮肉なことに、3月上旬に予定されているOPECプラス会合を前に、市場参加者や主要なシェールオイル生産者はOPECプラスに対し、控えめな増産を検討するという強気の姿勢を見せている。これらの動きは、OPECに対する米国シェール業界の影響力が低下していることを示しており、OPECは、米国シェール業界がもたらす脅威を懸念する必要がなくなったことを示唆している。

特に人気
オススメ

return to top