Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 市場デビュー後のルシッドは、PIFの戦略の「重要なステップ」となる

市場デビュー後のルシッドは、PIFの戦略の「重要なステップ」となる

2021年7月26日、米国ニューヨーク州ニューヨーク市のナスダック・マーケットサイトに駐車されたルシッド・エアドリーム・エディション(ロイター)
2021年7月26日、米国ニューヨーク州ニューヨーク市のナスダック・マーケットサイトに駐車されたルシッド・エアドリーム・エディション(ロイター)
Short Url:
28 Jul 2021 07:07:20 GMT9
28 Jul 2021 07:07:20 GMT9
  • PIFは、2018年にスタートアップ企業であるルシッドに現金を投資しており、少なくとも150億ドルの紙幣利益と60%以上の株式を得ていると考えられる

フランク・ケイン(Frank Kane)

ドバイ:サウジアラビアの政府系ファンドであるパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、カリフォルニアの高級電気自動車(EV)メーカーであるルシッド・モーターズへの投資で、既に数十億ドルの利益を得ており、今後5年間でさらに何十億ドルもの利益を得る可能性がある。

PIFは、2018年9月にルシッドへの投資の第一歩として37.5億サウジアラビア・リヤル(10億ドル)を投入すると発表した。

この政府系ファンドはルシッドの市場デビューを祝い、Twitterで「ルシッド・モーターズへの投資とルシッド・エア(新発売モデル)の生産は、長期的な成長機会における重要な戦略ステップであり、革新と技術開発を支援し、サウジアラビアに収益をもたらし、セクター多様化を実現するものである」と述べた。ルシッドの株式は、ニューヨークのナスダック・グローバル・セレクト・マーケットでの取引開始日である月曜に11%のプレミアムを獲得し、その価値は240億ドル以上となった。  

PIFは、2018年にこのスタートアップ企業に現金を投資しており、少なくとも150億ドルの紙幣利益と60%以上の株式を得ていると考えられる。

ルシッドがライバルのEVメーカーであるテスラのモデルを踏襲すれば、かなり値上がりする可能性がある。高評価を得ているイーロン・マスクの会社は、今週初めに予想を上回る利益を報告し、株価は2%上昇し、市場価値は6,330億ドルに達した。

ルシッドは、EV分野ではまだまだ初期段階だが、同社の経営陣の予測によると、売上と利益の大幅増が見込まれる。

自動車販売を本格的に開始する来年は22億ドル、2026年は228億ドルの収益が見込まれている。その頃には年間25万台の自動車を販売し、30億ドル近い利益を上げ、15億ドルのフリー・キャッシュフローが得られると予測される。

テスラの元チーフエンジニアであり、ルシッド・グループのCEO兼CTOであるピーター・ローリンソン氏は、ルシッドはナスダックデビュー後、予測の達成に向け「順調に進んでいる」と述べている。

同氏は、「ルシッド・エア(新発売モデル)は、次世代EVを代表するモデルであり、室内の快適性、航続距離、効率性、パワーの新しい基準となるだろう」と語った。 

「今後2年間の納入計画は順調に進んでいる。これまでにない最高のEVで世界中のお客様に喜んでいただくことを楽しみにしている」。

今では世界中の「レガシー」メーカーがEVを発売しているため、ルシッドは最初のモデル発売が10年以上前だったテスラよりも激しいEV競争に直面する可能性がある。

しかしローリンソン氏は、ルシッドの優れたデザインは高級市場セグメントで優位に立てると確信している。 

今年初め、彼はアラブニュースの取材に対し、「弊社は世界最高の車を作り出した」と語った。

ルシッドの成功は、PIFの投資戦略にとって大きな後押しになるだけでなく、王国の産業や商業にも大きく影響するだろうと思われる。ルシッドは、サウジアラビアにショールームを開設するようだが、最終的には生産工場も建設するのではないかという憶測も広がっている。

ローリンソン氏は、「PIFが弊社を信頼してくれたから、今このように成功することが出来た」と述べている。

特に人気
オススメ

return to top