Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • OPEC、10月も現行の石油生産量合意を維持する見通しとイラク石油相が述べる

OPEC、10月も現行の石油生産量合意を維持する見通しとイラク石油相が述べる

Short Url:
19 Sep 2021 09:09:02 GMT9
19 Sep 2021 09:09:02 GMT9
  • イラクの石油総輸出量は9月、日量平均340万バレルとなる見込み
  • 今後、ロックダウンや石油価格の下落が起きれば、来月の会合での決定に影響を与える可能性があると警告

 OPEC(石油輸出国機構)とその協力国は2022年第1四半期の石油価格を、1バレル70ドルに維持することを目指すとイラク石油相が述べた。またOPECは、「価格の安定が続いていれば」10月の会合において、現行の生産量合意の維持を確認する見通しだと付け加えた。

 国内北部のクルディスタン地域の生産量を含むイラクの9月の石油総輸出量は、日量平均340万バレルとなる見込みであると、同国の石油大臣であるイフサン・アブドルジャッバール氏が19日、バグダッドで行われた記者会見で述べた。

一方、今後ロックダウンや石油価格の下落が起きた場合、来月行われるOPECの会合での決定に何らかの影響が出る可能性があるとも警告した。

 ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top