Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トヨタ、30年にEV350万台=電動化投資8兆円、販売目標引き上げ

トヨタ、30年にEV350万台=電動化投資8兆円、販売目標引き上げ

Short Url:
14 Dec 2021 10:12:06 GMT9
14 Dec 2021 10:12:06 GMT9

トヨタ自動車は14日、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の世界販売台数を2030年に350万台へ引き上げる目標を明らかにした。30年までにEV30車種を投入し、高級車「レクサス」はEV中心のブランドとする。電動化に8兆円を投じ、うち車載用電池への投資は従来計画から5000億円増の2兆円とする。

脱炭素社会の実現に向けた自動車の選択肢としてEVを強化する。

トヨタの世界販売は年間1000万台規模。30年のEV販売目標はこれまで、燃料電池車(FCV)との合計で200万台としていた。豊田章男社長は東京都内で開いた戦略説明会で、「各国のエネルギー政策が見えてきた段階で上方修正した」と話した。30年にEVを含めた電動車の世界販売を800万台とする従来目標は据え置いた。

EV開発加速に向けた30年までの投資額は、車載電池への2兆円を含め4兆円。さらに4兆円をEV以外の電動車であるハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)、FCVの強化に投入する。 

レクサス車は、30年に欧州・北米・中国で販売する車両を全てEVとし、35年には世界全体でも全てEVとする。

トヨタは、HVとPHV、EV、FCV、環境性能を高めたエンジン車を幅広く提供する全方位戦略で脱炭素化に取り組んでおり、この方針は当面継続する。

トヨタがEVシフトに消極的と見なされがちなことに対し、豊田氏は「全ての選択肢に一生懸命取り組んでいる」と説明。「どれを選ぶかを決めるのはお客さまだ」とも語った。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top