Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 女性の可能性を解き放つ

女性の可能性を解き放つ

Short Url:
08 Mar 2023 01:03:10 GMT9
08 Mar 2023 01:03:10 GMT9
  • 過去10年間の改革により、サウジアラビアの女性は、エンジニアリングから宇宙旅行の分野にいたるまで、自らの能力を試している。

ラワン・ラドワン

ジェッダ:過去10年間で、サウジアラビアの女性は脚光を浴びるようになり、何千人もが初めて学業や仕事に携わり、伝統的に男性が支配的だった産業で成功を収め、リーダーシップを発揮するようになっている。 

世界中のさまざまな文化圏で、女性は社会的差別や仕事上のハードルに直面し、多くの場合、宗教や習慣の名の下に、日常的に公の場から遠ざけられてきた。長年、サウジアラビアも同様だった。 

人権や男女平等の概念が法律で定められるずっと以前から、イスラム教の基本的な教えは、実際には女性に平等な地位と社会的な地位を与えていたにもかかわらず、当局がそれをねじ曲げてきたのだ。

ここ数年、サルマン国王とムハンマド・ビン・サルマン皇太子による改革が実施されて以来、サウジアラビアの女性は社会および労働力における正当な地位を取り戻し、想像しうるほぼすべての分野で自らの能力を試すようになっている。 

先月、サウジ宇宙委員会(SSC)は、スペースX社のドラゴン宇宙船で来年打ち上げ予定の、国際宇宙ステーションの民間ミッションである「アクシオム-2」に、2人の宇宙飛行士が参加すると発表した。 

アリ・アルカルニ氏とサウジアラビア初の女性宇宙飛行士であるラヤナ・バルナウィ氏は、ISSに10日間滞在する4人のクルーの一員となり、14の生物医学および物理学の実験を行う。

マリアム・ファルダス氏とアリ・アルガムディ氏も、このミッションのバックアップ要員として訓練を行う予定で、現在、サウジ有人宇宙飛行プログラムに参加している。

SSCの発表の1カ月前、サウジアラビアの運輸当局は、ジェッダを経由してメッカとマディーナを結ぶ同国西部の高速鉄道の第9次募集に、34人の女性運転手が参加したと発表した。

これらの宇宙飛行士や列車運転手は、かつては男性が支配していた、科学、技術、工学、数学の分野に、今や群がり集まる何千人ものサウジアラビア人女性のほんの一部に過ぎない。 

サウジアラビアは、エネルギー、エンジニアリング、テクノロジー、建設、製造、人工知能、研究、イノベーションなどのさまざまな分野で、国内の熟練労働力を強化するための人材開発支援プログラムをいくつか立ち上げている。

サウジアラビアの「ビジョン2030」の改革課題は、石油から脱却して王国経済を多様化し、全体的な生活の質を高めることを目的としており、競争条件を平準化して、最も優秀な候補者が労働力を向上させられるようにするための戦略が含まれている。 

これらの改革が女性の労働市場参入にインセンティブを与え、伝統的に男性が支配的だったセクターで女性の権利を保護しているため、現在、公共および民間セクター、そして市民社会に、女性がかつてなく積極的にかかわるようになっている。

今日、サウジアラビアの女性たちは、宇宙飛行士、エンジニア、建築家、機械工、兵士、サイバーセキュリティの専門家になるための訓練を受けている。また、他の多くの女性がクリエイティブ産業に参入し、王国の伝統と文化を外の世界と共有している。 

教育が、こうした競争条件平準化の中心的な柱となってきた。サウジアラビアはほぼ世界水準の識字率を達成し、今や成人の95%、若者の99%が読み書きができる。

また、大学に入学する若者の数も飛躍的に増加し、世界でもトップクラスの研究プログラムに参加している。事実、サウジアラビアはGDPのかなりの部分を教育に費やしており、その比率は世界平均を上回っている。

何千人もの学生が教育省やその他のプログラムからの奨学金を受給し、世界トップクラスの大学に進学し、近代的でダイナミックな、そして多様性を持つ経済の構築に役立つスキルとノウハウを身につけて帰国している。 

同国教育省の奨学金担当副大臣、アマル・シュゲイル博士はアラブニュースに対し、奨学金プログラムが提供される専攻科目は、現地労働市場の支配的なニーズに基づいていると述べた。

シュゲイル博士によると、特定のスキルや専門分野に対する需要に対応するため、教育省は他の省庁と連携して毎年調査を行っている。

「今年の奨学生の約4割が女性でした。奨学金制度の開始以来、最大です。教育省は、サウジアラビアの労働市場ニーズに応えることができる様々な分野の大学ベスト200校を世界中から選定し、すべての人により多くの選択肢を提供しています」

「市場ニーズに合わせて厳選していますから、修士、博士課程への入学を認めていますが、国の研究開発・イノベーション当局からの推薦に基づき、特定の分野や専攻科目に限定しています」

今後10年間の同省の戦略は、卒業前の大学生を企業のインターンシッププログラムや実習トレーニングに参加させるなど、さまざまな取り組みを通じて男女に平等な機会を提供するために、社会の特定のメンバーを支援し、強化することだ。

「2022年の戦略は、量(学生の数)よりも成果の質に重点を置く点で、これまでの戦略とは異なっています」とシュゲイル博士は述べた。「私たちの目標は、学生が世界のトップ30のエリート大学に入学することです」

サウジアラビアでは女性の医師や科学者の数が増え続けているとはいえ、シュゲイル博士は、多くの人が以前の世代には閉ざされていた分野を専攻しようとしており、メンタリティが変化していると述べた。

「今日の女性たちはより戦略的に考えています。自活し、活躍の機会を与えてくれるような進路を見つけています」とシュゲイル博士は述べた。

「彼らはもはや未知の世界を恐れておらず、未来への一歩を踏み出しているのです」

特に人気
オススメ

return to top