Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 国際会議を推進するパレスチナ人、米国はオープンの姿勢

国際会議を推進するパレスチナ人、米国はオープンの姿勢

2011年10月28日のサラエボ訪問中の会合前に座っているパレスチナのリヤド・アル・マルキ外相。(ロイター)
2011年10月28日のサラエボ訪問中の会合前に座っているパレスチナのリヤド・アル・マルキ外相。(ロイター)
Short Url:
27 Oct 2020 05:10:30 GMT9
27 Oct 2020 05:10:30 GMT9
  • リヤド・マルキ氏は、パレスチナの大統領による来年初めの国際会議への呼びかけを支持した
  • マルキ氏は、パレスチナ人が交渉しないと主張するのは「ばかげている」と述べた

国際連合:パレスチナの外相は月曜日、国際和平会議はイスラエル人とパレスチナ人が和平合意を交渉する機運を生み出す唯一の方法であると述べた。米国大使は、トランプ政権は国際的なパートナーとの会談に「異論はない」と述べた。

パレスチナ外交官トップのリヤド・マルキ氏は、パレスチナのマフムード・アッバース大統領が来年初めに国際会議を開催するよう呼びかけることを強く支持し、国連安全保障理事会に「他のことは何をしても不安定で効果がない」と伝えた。

アッバースは、9月下旬に開催される国連総会で、世界の指導者達に向けてのオンラインスピーチの中で「真の和平プロセス」を立ち上げるための会議の開催を呼びかけた。アッバース氏は、国連のアントニオ・グテーレス事務総長に対し、米国、国連、欧州連合、ロシアのいわゆる中東カルテットと共に準備を進めるよう求めた。

米国のケリー・クラフト国連大使は、会議が結果を出すことに懐疑的だったが、イスラエルに最も緊密で重要な同盟国であるトランプ政権は、アッバース氏が提起した可能性に対してはオープンだと述べた。

「この問題について話し合うための国際的なパートナーとの会議に異論はありません。しかし、過去60年間にこの問題について招集された他のすべての会議とどう違うのかを聞かなければならない」と彼女は質問した。

イスラエルの新しい国連大使ギラド・エルダン氏は、パレスチナの呼びかけに反対し、アッバース氏が 「イスラエルによって行われたすべての和平の申し出」を拒否し、アラブ首長国連邦、バーレーン、スーダンとイスラエルの最近の合意を「交渉を開始するための新しい機会」として捉える代わりに攻撃をしている、と非難した。

30年以上にわたり、パレスチナ人は1967年の戦争でイスラエルに奪われたヨルダン川西岸、ガザ、東エルサレムに独立国家の建設を求めてきた。イスラエルは2005年にガザから撤退したが、パレスチナの武装組織であるハマスが2007年にアッバース氏の勢力から政権を奪取した際には、徹底的な封鎖をした。

イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相が10年以上前に就任して以来、イスラエルとパレスチナ人の間には実質的な和平交渉が行われておらず、双方は紛争の核心的な問題をめぐって激しく分かれている。

代わりに、ネタニヤフ氏は、パレスチナ人の言い分を長く支持してきたアラブ、アフリカ、アジア諸国との関係構築に力を入れてきた。イスラエルでは、地域に相当な影響力を持つ石油国UAEとの合意は、中東を一変させる歴史的な突破口と見られている。

パレスチナ人は、圧倒的にイスラエルに有利なドナルド・トランプ大統領の紛争終結案を拒否し、米国やイスラエルの両方との接触を断つことで対応してきた。

ワシントンはもはや誠実な仲介者ではないと主張し、国連決議や過去の合意に基づく多国間和平プロセスを求めている。

クラフト氏は、中東諸国や安全保障理事会のメンバーに対し、トランプ和平案に基づくイスラエル・パレスチナ交渉を支持し、UAE、バーレーン、スーダンとの協定が提示する「機会を受け入れる」よう促した。

パレスチナのマルキ外相は、パレスチナ人が交渉しないと主張するのは「ばかげている」と述べ、1999年までに国際的に合意された条件とパラメータに基づいて双方の最終的な地位の特定が交渉されることになっていた点などを指摘した。

「これらの問題に対するネタニヤフ氏の立場は以下の通りです。占領された東エルサレムを含むエルサレムは、イスラエル人のものでなければならない」とマリキ氏は語った。「違法な入植地はそのままにしておく。難民は難民のままである。イスラエルは私たちの国境を支配し続ける。イスラエルはヨルダン渓谷のすべてを支配し、私たちの天然資源のほとんどを支配する」

こういった考えは「侮蔑的であり違法」であり、イスラエルが占領を恒久的なものにしたいと望んでいることを示している、と彼は述べた。

イスラエルのエルダン氏は、ネタニヤフ氏がアッバース氏をエルサレムに何度も招待し、さらにはラマラの西岸地区にあるパレスチナ自治政府の本部に行くことを申し出ていると反論した。

「しかしアッバース氏は、またもや無用な会議を要求して時間を無駄にしている」とエルダン氏は語った。そして「代わりに、この評議会は、現実的で持続可能な平和のための良い出発点である米国の平和ビジョンに基づいて交渉を開始するようパレスチナ人に呼びかけるべきだ」と述べた。

AP

特に人気
オススメ

return to top