Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トヨタ、新型EV試作車公開=国内はリース向け―専用車台第1弾

トヨタ、新型EV試作車公開=国内はリース向け―専用車台第1弾

トヨタ、新型EV試作車公開=国内はリース向け―専用車台第1弾 (Shutterstock)
トヨタ、新型EV試作車公開=国内はリース向け―専用車台第1弾 (Shutterstock)
Short Url:
28 Feb 2022 02:02:50 GMT9
28 Feb 2022 02:02:50 GMT9

トヨタ自動車は27日までに、新型の電気自動車(EV)「bZ(ビーズィー)4X」の試作車を報道陣に公開した。同社がEV専用プラットフォーム(車台)で生産する車両の第1弾で、EV戦略の試金石となる。今年半ばに海外で市場投入する予定。国内では個人向けのサブスクリプション(定額制)サービスを含むリース販売に限定する。 

SUBARUと共同開発した車台は、床下にバッテリーを平積みに配置することで低重心化を実現。車高のあるスポーツ用多目的車(SUV)ながら、カーブなどの走りも安定するという。

充電1回当たりの航続距離(前輪駆動車)は500キロ前後。バッテリー容量は、10年使い続けても90%以上と世界最高水準を維持できるよう劣化対策を施した。

トヨタの開発責任者、井戸大介主査は「日本で開発した車として日常の使いやすさに配慮した。安心して長く使ってもらえる製品になった」とアピールした。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top