Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トヨタ、ロシア工場停止=出荷も見合わせ、欧米制裁で

トヨタ、ロシア工場停止=出荷も見合わせ、欧米制裁で

ロシアのウクライナ侵攻の影響が日本の自動車メーカーの生産体制にも悪影響を与えていることが鮮明となった。(AFP)
ロシアのウクライナ侵攻の影響が日本の自動車メーカーの生産体制にも悪影響を与えていることが鮮明となった。(AFP)
Short Url:
03 Mar 2022 02:03:59 GMT9
03 Mar 2022 02:03:59 GMT9

トヨタ自動車は2日、ロシア・サンクトペテルブルク工場の操業を4日から停止すると発表した。ロシアへの自動車の出荷も見合わせる。欧米による対ロシア制裁でサプライチェーン(供給網)が混乱しており、操業を続けるのは困難と判断した。

ロシアのウクライナ侵攻の影響が日本の自動車メーカーの生産体制にも悪影響を与えていることが鮮明となった。

トヨタは声明で「世界情勢を注視し、必要な判断を下していく」と強調した。ロシアでの操業再開のめどは立っていないという。 

トヨタのロシア工場は2007年に生産を開始。スポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」とセダン「カムリ」をロシア国内向けに製造しており、昨年の生産台数は約8万台だった。

昨年のトヨタのロシアでの販売台数は約12万台と、英国に次ぐ規模。出荷の見合わせで販売の落ち込みは必至だ。

自動車メーカーでは、米フォード・モーターがロシアでの合弁事業の停止を表明。米ゼネラル・モーターズ(GM)やホンダも製品輸出をストップしている。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top