Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 任天堂が1対10株の株式分割を発表、「ニンテンドースイッチ」の売上は9%減となる見通し

任天堂が1対10株の株式分割を発表、「ニンテンドースイッチ」の売上は9%減となる見通し

東京都内の店舗のゲーム売り場で、ゲーム機や周辺機器の棚に陳列されたゲーム機「Nintendo Switch」の箱。(ファイル写真/AFP)
東京都内の店舗のゲーム売り場で、ゲーム機や周辺機器の棚に陳列されたゲーム機「Nintendo Switch」の箱。(ファイル写真/AFP)
Short Url:
10 May 2022 11:05:18 GMT9
10 May 2022 11:05:18 GMT9

日本の任天堂株式会社は火曜日、個人投資家の心をつかむために、10月1日付で1対10株の株式分割を発表した。これは、ゲームメーカーの株式の流動性を向上させることを目的として、長らく叫ばれていた施策である。

この突然の発表は、任天堂が部品不足に悩む中、4月1日に始まった会計年度のスイッチのゲーム機販売台数が、前年度比9%減の2100万台になる見通しであることを発表した際に行われた。

任天堂は、3月期に2306万台のスイッチのゲーム機を販売した。これは2月に発表した2300万台という予想と比較したものである。

発売6年目のスイッチの需要は、11月に発売された有機ELスクリーン搭載モデルによって高まり、3月までに580万台を販売したが、アップグレードされた機器は依然として供給不足のままだ。

ゲームの売上を自社タイトルに依存する任天堂は、今年のソフト販売本数の予測を昨年の2億3500万本から2億1000万本へと引き下げた。

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」の続編の発売時期が2023年春に延期されたものの、その他多くのタイトルの開発は順調であり、今年は「スプラトゥーン3」などのタイトルが控えている。

任天堂の株価は年初来で5%上昇し、決算発表を前に横ばいで引けた。

ロイター

 

topics
特に人気
オススメ

return to top