Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 駐サウジアラビア日本国大使、両国の将来性について語る

駐サウジアラビア日本国大使、両国の将来性について語る

Short Url:
14 Jul 2021 12:07:21 GMT9
14 Jul 2021 12:07:21 GMT9

アレクサンダー・ウッドマン

リヤド:サウジアラビアと日本の外交関係は、協力のもと両国の共通のビジョンを達成するという重要な価値観の上に成り立っている。1955年に二国間関係を樹立以来、その強い絆は様々な分野での協力を通して強まり続け、相互に繁栄の果実を手に入れている。

日本とサウジアラビアの両政府代表は、そうした重要な取り組みを、21世紀に向けた包括的パートナーシップ」「日本・サウジアラビア協力アジェンダ」の下、進めている。こうした協定は、環境、健康、科学技術、文化、スポーツ、人材などの重要な分野の更なる発展を目的としている。

2001年、河野洋平外務大臣のサウジアラビア王国訪問を機に、イスラム世界との対話を深め、多様な政治的対話を目的として、河野イニシアティブが発足した。

それから約20年後、「日・サウジ・ビジョン2030」が発表され、「サウジ・ビジョン2030」と日本の成長戦略との協力関係を強化し、相乗効果を生み出すことを目指している。「日・サウジ・ビジョン2030」は、以下の3つの項目を柱としている:地域固有の多様性、革新性、ソフトバリュー。

日本とサウジアラビアのエネルギー分野における最近の画期的な共同プロジェクトとしては、サウジアラムコのサウジ基礎産業公社(SABIC)と日本エネルギー経済研究所(IEEJ)との提携が挙げられる。

2020年9月27日、日本の発電所でゼロカーボン発電を行う目的のため、サウジアラビアから日本へ世界初のブルーアンモニアが出荷され、エネルギーシステムにおける水素のさらなる活用の道を開いた。

アラブニュースジャパンは、新任の日本国大使と大使公邸で面談し、これまでの中東での経験や、日本とサウジアラビアの将来の目標などについて話を伺った。

60年以上にわたるサウジアラビアと日本の協力関係は、外交と信頼おけるパートナーシップの真の価値を証明してきた。次の60年に向けて、この関係をどのように発展させていくのか?

過去数十年間、サウジアラビアと日本の関係は、日本にとっては石油、サウジアラビアにとっては工業製品など、それぞれの国が必要とする商品の取引が中心だった。しかし、ここ数年の王国の経済的・社会的発展や、「サウジ・ビジョン2030」の展開に伴い、二国間関係も大きく拡大している。

両国政府が5年前に立ち上げた「日・サウジ・ビジョン2030」は、二国間関係の多様化に重要な役割を果たしている。この取り組みによって、二国間関係はもはやビジネス上の協力にとどまらず、政治や文化の分野にも及んでいる。

この5年間では、サルマン国王陛下が2017年に日本を訪問されている。サウジアラビアの国王が日本を訪問するのは1971年以来のことでした。2019年には、G20大阪サミットにムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下が参加している。トゥルキ・ビン・ムハンマド・ビン・ファハド王子殿下は、今上天皇である徳仁天皇の即位式に出席された。2020年1月には、安倍首相(当時)がサウジアラビアを訪問し、関係構築に新たな弾みをつけている。

駐サウジアラビア日本国大使としての任期中、私の最優先課題は、二国間関係の多様化を進めることである。日本とサウジアラビアの友好関係は、今後も様々な分野で協力を拡大しながら発展していくものと確信している。

「サウジ・ビジョン2030」の中心的な目標の一つは、石油産業に依存しない経済の多様化にある。これとは別に、サウジアラビアの将来の潜在的な資産はどこにあると思うか?

観光は、サウジアラビアにおける有望な分野の一つである。10年前に私がサウジアラビアにいたときは、サウジアラビアで観光業が発展するとは思わなかった。しかし、今ではまったく別の見方をしている。先日、サウジアラビアを象徴する史跡であるディルイーヤ・ゲートを保存し、讃え、変貌することを目的とした開発プロジェクトの現場を訪れた。そこでサウジアラビア人の男性や女性が、流暢な英語でサウジアラビアの歴史を誇らしげに語るのを目の当たりにした。東部州では、サウジアラビアの革新、文化、知識開発の素晴らしいビジョンを持つ文化センターであるイスラを訪れた。また、考古学的・歴史的都市であるアル・ウラーの開発や、ダイビングの練習をし、美しい海中世界を楽しむことができる紅海沿岸のプロジェクトについても伺ったことがある。

サウジアラビアの各地域は、歴史的建造物だけでなく、多様で風光明媚な自然にも恵まれている。これまで挙げた地域を訪れた観光客は、単に砂漠の国と呼ばれることの多いサウジアラビアから、また新たな体験や印象を得ることができると確信している。

日本で最も長く首相を務めた安倍晋三氏は、サウジアラビアと日本の結びつきを新たなレベルに引き上げている。菅義偉新首相が継承を表明した安倍首相のレガシーについて、日本の内政と外交の両面から語って頂きたい。

安倍前首相は80カ国を訪問している。日本の政治史上、まるで世界地図を俯瞰するかのように、これ程多くの国を巡った首相は安倍前首相だけである。安倍前首相は、国際協調主義に基づく「平和への積極的な貢献」の方針の実現に則って日本の外交を推進した。この文脈の中で、日本の重要なパートナーであるサウジアラビアをはじめ、中東の多くの国を訪問し、中東の平和と安定に積極的に貢献した。

「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想は、安倍前首相が提唱し始めた、積極的外交活動の重点的取り組みの一つである。同構想は、ルールに基づく国際秩序を確立し、自由貿易、航行の自由、法の支配などの普遍的な価値を確固たるものとすることを目指している。

安倍前首相は日本で、国内経済の活性化と、現在の日本が抱える最大の課題である少子高齢化に対応するための重点的取り組みとして、もう一つ経済政策として、アベノミクスを実施している。

こうした安倍前首相の内政・外交政策は、約8年間内閣官房長官として安倍前首相を支えた、菅義偉首相に受け継がれている。菅義偉首相は、G20リヤドサミットに参加し、地球規模の問題への貢献に対する日本の決意を再確認した。

2020年、サウジアラムコは世界で初めてブルーアンモニアを日本向けに出荷した。日本のエネルギー経済研究所とのコラボレーションで実現した今回の成果は、日本のゼロ・カーボン・エミッションの目標達成を支援し、サウジアラビアを世界的なクリーンエネルギー勢力に変えることができると思うか?

2020年、日本は「2050年までにカーボンニュートラルの実現」という新たな目標を掲げた。加えて、2021年4月の気候サミットでは、2030年に温室効果ガスの排出量を2013年比で46%削減する戦略を発表している。一方、サウジアラビアは、2030年までに発電に占める天然ガスと再生可能エネルギーの割合を最大50%まで高めることにコミットした。このように、両国は責任を持って、国際公約として宣言した野心的な目標を達成するために努力している。今回の日本とサウジアラビアのブルーアンモニア生産における協力は、2030年までのエネルギー戦略における両国のコミットした目標を達成するために、非常に重要なものだと考えている。

両国の画期的なパートナーシップは、大阪サミット(2019年)で行われたG20首脳のエネルギー転換に関する公約を果たすための第一歩だと思うか?

はい、そう信じている。さらに、2019年のG20大阪サミットでのエネルギー転換に関するG20首脳のコミットメントは、2020年のG20リヤドサミットでも再確認されている。ブルーアンモニアの協力に続き、「日・サウジ・ビジョン2030」の下で、民間部門において多くのWin-Winプロジェクトの進展が不可欠である。このようにして、両国は世界で初めて、商業的に実行可能なエネルギー転換のモデルを確立し、世界の脱炭素化に貢献することができるであろう。

日本の外務省に入省以来、アラブ地域に長年滞在されているが、あなたが考えるアラブ地域の特徴とは何か?

アラブ諸国は、歴史、地理的な位置、民族、宗教に対する考え方など、日本とは異なる点がある。アラブの人々は豊かな文化を持ち、多くの困難を克服する力も持ち合わせている。日本人として、アラブの人々の経験や知恵から多くを学ぶことができる。

2014年から2018年までのイラクでの勤務経験を振り返ったときに、アラブの文化について新たに学んだことはあるか?

確かにサダム政権下のイラクで仕事をしていたが、そこでの最後の任務中には、アラブ人のアイデンティティの問題を再考する機会が多くあった。最初の任務では必ずしも理解できなかったが、イラクは様々な宗派や政治的思想からなる文化的モザイク社会であることを再発見した。アラブ世界の各国は、様々な状況や歴史の中で形成されてきた独自の文化や帰属意識を持っている。これは日本とは対照的で、私はアラブで仕事をするたびに興味深いと感じている。

イラク滞在中、あなたが示したアラブの文化、言語、伝統に対する知識の深さと敬意は高く評価された。イラクでの滞在は、アラブ世界に溶け込むためにどのように役立ったのか?

前任の駐イラク日本国大使時代には、外交官が自由に外出できない治安状況であったため、シンプル・ノーティフィケーション・サービス(SNS)のプラットフォームを使って積極的にイラクの人々と交流した。この経験により、アラビア語に磨きをかけ、アラブ文化、特にイラクの文化と伝統への理解を深めることができた。まさしく、このソーシャルメディアを通じたイラクの人々とのコミュニケーションこそ、有難いことにアラブ文化の豊かさと深さを教えてくれた。

駐在した国の公式言語(アラビア語)を話すだけでなく、現地の人々と母国語で会話することが重要なのはなぜか?

外交官にとって、担当した国を理解するためには、その国の言葉を学ぶことが非常に重要である。草の根レベルで自国の存在感を示すという公式の使命を果たすだけでなく、現地の人々に話しかけ、彼らの声に耳を傾けることで、彼らの価値観やライフスタイルについての洞察を得ることができると考えているからである。

  • アレクサンダー・ウッドマン氏は、湾岸を拠点とする著述家である。彼の学術的背景と研究テーマには、グローバルヘルス、国際保健政策の策定、トランスナショナルおよびトランスカルチュラルな保健政治、倫理、さらには外交が含まれる。ucla@gmail.com 
    ツイッター: @thelandofadat
特に人気
オススメ

return to top