Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 航空会社が緊張が高まるイラン・イラクを避ける中で燃料費の高騰に直面

航空会社が緊張が高まるイラン・イラクを避ける中で燃料費の高騰に直面

独立航空専門家のジョン・ストリックランド氏は飛行時間の延長がスケジュールの変更と操業コストの増加を招くと語る。 (AFP)
独立航空専門家のジョン・ストリックランド氏は飛行時間の延長がスケジュールの変更と操業コストの増加を招くと語る。 (AFP)
Short Url:
11 Jan 2020 01:01:05 GMT9
11 Jan 2020 01:01:05 GMT9
  • バージン・アトランティック航空ムンバイ便の飛行時間は「普段より若干長くなる」

ドバイ:航空会社はアメリカ政府とイラン政府の対立に伴う緊張の高まりを受けてイランとイラクの領空を迂回する航路変更のために燃料費の高騰に直面している。これはボーイング社の 737 MAX 型ジェット機の飛行停止にさらされている業界の財政をさらに圧迫するものである。

すでにルフトハンザドイツ航空、エールフランス-KLM 、シンガポール航空ならびにマレーシア航空は、米軍が駐留するイラク国内の基地に向けてイランがミサイルを発射したことを受けてこの空域の航路を変更させている。ウクライナのジェット機がテヘランで墜落する事故も起きたが、その原因はいまだに明らかにされていない。

独立航空専門家のジョン・ストリックランド氏は飛行時間の延長がスケジュールの変更と操業コストの増加を招くことを記し、電子メールで「イラク/イラン上空を回避することは航空会社にとって二重の頭痛のタネである」と語った。

リスク管理のために世界中の空域を監視し情報を業界と共有する OPSGROUP の創業家マーク・ジー氏によると、イランとイラクの領空を迂回する航路への変更によってヨーロッパからアジアに向けたフライト時間が約 40 分延びる可能性があるという。

オーストラリアのカンタス航空はそのような迂回路によって同航空のパース発のロンドン便の飛行時間が 50 分延び、より多くのジェット燃料を積むために乗客数(すなわち収益)を削らなければならないとしている。

バージン・アトランティック航空もムンバイ発着便の飛行時間は「普段より若干長くなる」と述べた。

ジー氏は Flightradar24 からのデータと航空会社からのフィードバックに基づいて航空会社はおおかたサウジアラビアとエジプト上空を通る航路を使っているとしている。

米国連邦航空局( FAA )はすでに「中東における軍事活動の活発化と政治的緊張の高まり」を理由にイラン、オマーン湾およびイランとサウジアラビア間の水域の上空でのアメリカの航空会社の飛行を禁止している。

米軍のドローンによる攻撃によってイラン軍司令官が殺害されたことを受けてこの地域での緊張は高まっており、業界内における競争の激化や規制強化、さらには 737 MAX 機の全世界における飛行停止も相まって航空業界の苦難に拍車を掛けている。

業界にとって僅かながらの良い知らせは、アメリカとイラン両政府の口調のやわらぎとイランの攻撃が石油関連施設にダメージを与えなかったことを受けて水曜日の原油価格がここ 4 ヶ月の最高値から引いて 4 % ほど減少したことだ。

昨年 12 月に各国航空会社は貿易摩擦を懸念して 2019 年度の業界利益予想を下降修正したが、 2020 年度はその反動を期待していた。

エティハド航空、カタール航空、エミレーツ航空はそれぞれ開放されているこの空域の利用を続けている。

バーンスタインのアナリストであるダニエル・ロースカ氏は「ヨーロッパに到るためにイラン上空を飛行しなければならない湾岸地域の航空会社にとっては全体的に頭痛のタネである」と語り、インドからヨーロッパに向かう航空会社にもその影響が出ることを付け加えた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top