Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア、1.1兆ドルを投資し世界最大規模の建設を進める:ナイトフランク

サウジアラビア、1.1兆ドルを投資し世界最大規模の建設を進める:ナイトフランク

サウジアラビアで計画されている建設プロジェクトは容易に史上最大規模となるだろう。(Shutterstock)
サウジアラビアで計画されている建設プロジェクトは容易に史上最大規模となるだろう。(Shutterstock)
Short Url:
07 Sep 2022 08:09:13 GMT9
07 Sep 2022 08:09:13 GMT9

ダナ・アル・オマル

リヤド:2016年の「ビジョン2030」開始以降、サウジアラビアはインフラと不動産のプロジェクトに総額4兆1300億サウジリヤル(1.1兆ドル)を投資して世界最大規模の建設を進めている。世界的な不動産コンサルタント会社ナイトフランクがまとめた。

同社は、リヤドの人口は現在の約750万人から2030年までに1700万人に達すると予測している。2016年の「国家変革計画」開始以降、リヤドは1040億ドル相当の不動産プロジェクトを発表している。

ナイトフランクのパートナー兼中東リサーチ部門責任者であるファイサル・ドラニ氏はアラブニュースに対し、「ビジョン2030はサウジアラビアの興奮に再び火をつけた。NEOMが変革計画の最重要プロジェクトと位置づけられ、人々は歴史の一部になりたがっている」と語る。

サウジアラビアで計画されている建設プロジェクトは、住宅55万5000戸以上、ホテル27万5000室以上、小売スペース430万平方メートル以上、オフィススペース610万平方メートル以上となっており、容易に史上最大規模となるだろうと同氏は言う。

サウジアラビアのストラテジー・アンド・コンサルティングでパートナー兼不動産責任者を務めるハーメン・デ・ヨン氏は、同国の15件のギガプロジェクトを現在追跡しており、それらの多くは新たな自律型スーパーシティだと語る。

同氏によると、NEOMが完成すれば30万戸の新しい住宅に900万人の住民を受け入れることになっており、これまでに発表されたギガプロジェクトの中で最大だという。

サウジアラビアの1000世帯を対象とした調査では、家を持ちたい場所として「ディルイーヤ・ゲート」はNEOMと「紅海プロジェクト」に次いで三番目に人気の高い場所だった。

NEOMは資源に乏しい地域における都市生活を根本的に再定義するものだとドラニ氏は言う。同時に、「オクタゴン」「トロヘナ」「ザ・ライン」などのサブシティが地域での高級な暮らしの新たなステータスとなるだろう。

サウジアラビアの住宅所有者の約30%が、80万ドル以上を費やしてNEOMに二つ目の家を建ててもいいと考えている。「住宅開発業者は、この繰延需要を満たすという仕事を抱えている」と同氏は言う。

デ・ヨン氏によると、プロジェクトの建設進捗率は29%で、サブプロジェクトのうち75億ドル相当分しか委託されていないという。

リヤドの再生

もう一つの注目のギガプロジェクトは、200億ドル規模のディルイーヤ・ゲートだ。2027年の完成時にはリヤドに2万戸の住宅ができ、都市サイズの歴史地区が生まれる。

ナイトフランクの推計では、ディルイーヤ・ゲートの建設には約23億ドルが費やされる。

「他のプロジェクトに引けをとらない。リヤドをサウジアラビアの商業の中枢として位置づけなおすこの計画はかなり進んでいる。中東で二番目の、この待望のグローバルハブの中心に進出しようと、既に世界中の企業が手を上げている」とドラニ氏は言う。

リヤドのグレードAオフィス入居率が97%前後である今は、世界クラスのオフィススペース280万平方メートルの開発計画には絶好のタイミングだと同氏は語る。

ナイトフランクによると、1470億ドル相当の国際空港もまもなく開港するという。国によるインフラ投資200億ドルのうち74%近くがこの新空港に向けられている。

「リヤドは膨大な国内移住者も引きつけている。持家の買い替えのために容易に利用できる支援制度があるため、住宅価格は急騰しており、現在は昨年同期と比較して約26%高くなっている」と同氏は言う。

ウェルビーイングのハブ

サウジアラビアは、5億ドル規模の「リヤド・スポーツ・ブルバード」や、750万本の木を植えてリヤドをグリーンで活気のある大都市へと作り変える230億ドル規模の「グリーン・リヤド」によって、住民のための世界クラスの都市環境の整備・提供も進めている。

また、138億ドルをかけて1万9000床の病床の整備も行おうとしており、リヤド州だけでそのうちの86億ドルが使われる予定だ。

デ・ヨン氏によると、820億ドルかけて80以上の新しい教育施設が建設中だという。

「さらに言えば、医療、教育、ウェルビーイングは変革プランの中核をなしている。これらはサウジアラビアの物理的領域の驚異的な進化に貢献し、2020年代の終わりまでには見違えるほどの変化をもたらしているだろう」とドラニ氏は語る。 

特に人気
オススメ

return to top