Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ソニー、アラブ諸国の顧客間における「ブランド・エクイティ」の向上を図る

ソニー、アラブ諸国の顧客間における「ブランド・エクイティ」の向上を図る

16 Jan 2020
ソニー中東・アフリカ(MEA)のフジタ・タカキヨ常務取締役(提供)
ソニー中東・アフリカ(MEA)のフジタ・タカキヨ常務取締役(提供)
Short Url:
Updated 15 Jan 2020
16 Jan 2020

One Carlo Diaz Dubai

日本のテクノロジー企業であるソニーは、同社のブランドに対してより多くの若いアラブ人の関心を引きつけたいと、ソニーMEA(中東・アフリカ)のフジタ・タカキヨ常務取締役は語った。

ソニーは先頃、米ラスベガスで例年開催されているテクノロジー・カンファレンスCESで、8Kテレビや360Reality Audio、5Gのほか、同社の主力製品のひとつである待望のPlayStation5などの新製品を発表。

フジタ氏はアラブニュースに対して、ソニーは「アラブ諸国の顧客、特に若年層におけるブランド・エクイティの向上」に向けて取り組んでいると説明。同地域はソニーにとって世界でも有数の成長市場であるとした。

さらに「ここ数年間にわたり2桁の成長が続いており、この勢いを維持することが当社の主なビジネス目標です」と付け加えた。

フジタ氏は、この10年間の前半は同地域において「多くの社会的、政治的、経済的変化」があったことを認識している。

「原油価格の下落は、中東諸国だけではなくナイジェリアやアンゴラといったアフリカの原油依存経済にも悪影響を及ぼしました。また、通貨の切り下げは多くのアフリカ諸国に影響を与えました。」

ソニーMEAはそういった数々の困難な状況から10年間の後半には回復することができたと同氏は説明した。

アラブニュースとYouGovが最近行った調査によると、ソニーはアラブ人の間で最も認知されている日本のブランドのひとつであることが分かった。

「これほど長年にわたってこの地域のライフスタイルの一部でいられたことは光栄なことです。ソニーが中東地域のビジネスパートナー数社と販売契約を結んだのは、1950年代のソニーの創業初期までさかのぼります。」

ソニーは最新のハイテク製品を投入し、これらの新製品を通して地域の若年層との関係を強化するためにソニーのビジョンを強調することで、「より成熟したGCC(湾岸協力理事会)市場」の勢いを維持する計画だとフジタ氏は語った。

 「アフリカの新興市場では、長期的な市場開発の観点から投資を行っています。」

「これらの国においては、強力な小売ネットワークを構築し、顧客のライフスタイルに合った製品を計画・投入することに重点を置いています。」

topics
Most Popular
Recommended

return to top