Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • タッチ・ザ・スカイ:カニエ・ウェストが2020年大統領選出馬を発表

タッチ・ザ・スカイ:カニエ・ウェストが2020年大統領選出馬を発表

05 Jul 2020
ホワイトハウスの大統領執務室でラッパーのカニエ・ウェストと面会するドナルド・トランプ米大統領。2018年10月11日、ワシントンDC。(AFP)
ホワイトハウスの大統領執務室でラッパーのカニエ・ウェストと面会するドナルド・トランプ米大統領。2018年10月11日、ワシントンDC。(AFP)
Short Url:
Updated 05 Jul 2020
05 Jul 2020

歌の中で「星に手を伸ばせ、もし落ちても雲の上」とリスナーに呼びかけるエンターテイメントの大物カニエ・ウェストが土曜、2020年米大統領選でドナルド・トランプに挑戦しようとしていることを断言した。

「我々は今、神を信じ、ビジョンを統一し、未来を構築することで、アメリカの約束を実現しなければならない。私は米国の大統領に立候補するつもりだ!#2020VISION」と、この生まれ変わった億万長者のラッパーはアメリカ人たちが独立記念日を祝う中で、そうツイートした。

ウェストは、11月の選挙までの4ヶ月間に想定される選挙運動について、それ以上詳しい情報は提供していない。彼が立候補を正式に届け出たかどうかも明確になっていない。

数十万人のTwitterユーザーがこのスターの発表に反応し、同プラットフォームでは「カニエ」がトレンドワードでトップに躍り出た。ただし、多くのユーザーはこの気まぐれなラッパーが計画を実行するのかどうか疑問視しており、宣伝行為と主張する人たちもいる。

リアリティー番組のスターでもある彼の妻キム・カーダシアンは米国旗の絵文字でリプライし、一方でテスラのCEOイーロン・マスクは「全面的に支持する!」と書いた。

この43歳はこれまでにも何度か大統領選への出馬に言及しており、昨年は2024年の大統領選に立候補すると述べていた。

ウェストはかなり以前、左寄りのエンターテイメント業界の大部分との結束を乱し、トランプへの支持を声高に表明した。

2018年に2人は大統領執務室で面会した。それはこのラッパーからのハグと、ホワイトハウス記者団に対してはめったに繰り返されることのない汚い言葉を特徴とする撮影中の暴言を含む、2人だけの現実離れした会談だった。

その年、ウェストは、多くの人から人種差別主義者と見なされている大統領に、自分が彼を愛していることを伝える長々とした独白も届け、多くの民主党員と仲間のアーチストたちを落胆させた。

しかし2019年、Apple Musicのショー「Beats 1」のゼイン・ロウとのインタビューでウェストは、民主党員をからかうためにトランプを支持していたと述べ、自分自身が大統領になる野心を公表した。

「私が米国の大統領になる時が来るだろう。そして思い出すだろう…我々がしていたことを文化的に理解する能力を持たなかった全ての創設者たちを」

このアーチストが誰のことを言及していたのかは、はっきりとは分からなかった。

今回の発表は、最近数年で開けっ広げにキリスト教へ向き直ってきたウェストが、新曲『Wash Us In the Blood』をリリースした数日後に行われた。新曲には、最近の反人種差別主義抗議運動からの比喩表現を含む動画が付属している。

またウェストは、自分の精神的な健康状態、特に双極性障害に苦しんでいることについても打ち明け、トークショーの司会デイヴィッド・レターマンに対し、まるで「足首の捻挫みたいに脳を捻挫した」ように感じると話した。

2018年以降は、カーダシアンが刑事司法改革を擁護し、ホワイトハウスとの独自の接点を築いてきた。彼女は暴力を伴わない薬物犯罪を犯した60代の女性を赦免するようにトランプに働きかけ、成功した。

ここ数週間、コロナウィルスのパンデミックと反人種差別主義抗議運動の両方に対する対応で非難を浴びたトランプは、選挙戦において民主党のライバルであるジョー・バイデンに遅れを取ってきた。

ウェストの発表に対し、土曜日現在どちらの候補者もすぐには反応していない。

AFP

topics
Most Popular
Recommended

return to top