Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • マルセイユはネイマールが酒井に人種差別発言をしたと主張

マルセイユはネイマールが酒井に人種差別発言をしたと主張

2020年9月20日(日)、マルセイユの日本人プレーヤー、酒井宏樹は、フランス、マルセイユのスタッド・ヴェロドロームでのリーグ1の試合中にリールのディフェンダーにタックルされたと反応。
2020年9月20日(日)、マルセイユの日本人プレーヤー、酒井宏樹は、フランス、マルセイユのスタッド・ヴェロドロームでのリーグ1の試合中にリールのディフェンダーにタックルされたと反応。
Short Url:
22 Sep 2020 11:09:53 GMT9
22 Sep 2020 11:09:53 GMT9

パリ:火曜日、クラブに近い情報筋によると、マルセイユは今月初めに行われたリーグ1のパリ・サンジェルマンとの一戦でネイマールが日本人の右サイドバック、酒井宏樹に人種差別的発言をした映像を保持していると主張している。

同情報筋は、マルセイユ側はネイマールが2回に渡って発言をしている証拠を保持していると報じた。

マルセイユの広報担当者は主張の確認を拒否した。

「我々はすべての見解と分析を規律委員会に委託中であり、答えることはない。」と声明を出した。

世界で最も高価なプレーヤーは、マルセイユのディフェンダー、アルバロ・ゴンザレスによる人種差別的罵倒を受けた犠牲者であり、その発言がネイマール自身を含む5人のプレーヤーが退場処分を受けた引き金であると主張した。

AFP

特に人気
オススメ

return to top