Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • バイデン氏が「悪党」金正恩氏とトランプ大統領の友情を非難

バイデン氏が「悪党」金正恩氏とトランプ大統領の友情を非難

2019年6月30日、ドナルド・トランプ大統領は、韓国の非武装地帯の軍事境界線上にある地区、板門店で北朝鮮の指導者、金正恩氏と会談した。 (AP Photo/Susan Walsh, File)
2019年6月30日、ドナルド・トランプ大統領は、韓国の非武装地帯の軍事境界線上にある地区、板門店で北朝鮮の指導者、金正恩氏と会談した。 (AP Photo/Susan Walsh, File)
Short Url:
23 Oct 2020 03:10:05 GMT9
23 Oct 2020 03:10:05 GMT9
  • トランプ大統領は、金正恩氏との首脳会談を通じて戦争を回避したと主張している
  • トランプ大統領は、気候変動に対するバイデン氏の姿勢を非難し、インド、中国の空気を「汚い」と表現した

米国、ナッシュビル:木曜日、民主党のジョー・バイデン候補は、ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮の「悪党」、金正恩委員長と親交を深めたことを非難し、同大統領の外交をヒトラーに対して欧州が示した融和姿勢になぞらえて例えた。


大統領選挙討論会での激しい衝突の中で、バイデン氏は金正恩氏との首脳会談を通じて戦争を回避したというトランプ大統領の主張を攻撃した。

バイデン氏は「トランプ氏の言う良い友達というのは、悪党であり、これは、ヒトラーが欧州を侵略するまでは彼と良い関係にあったと言っているようなものだ。」と北朝鮮の若い指導者について言及した。

しかし、バイデン氏はまた、北朝鮮が朝鮮半島の非核化を実現するため、金正恩委員長が核開発のレベルを下げることに合意することを条件に同氏とも会談する用意があると述べた。

トランプ大統領は、バラク・オバマ前大統領が北朝鮮に「混乱」を残し、「核戦争」になると警告したと述べた。

サミットの後、「我々はとても良い関係を築いており、平和を維持してきた。」と、北朝鮮が最近軍事パレードで大規模な新しい長距離弾道ミサイルを発表したことを軽視しているトランプ大統領は述べた。

トランプ大統領は「彼はオバマ氏が好きではなかった。」「彼はオバマ氏が好きではなかった。会談をしなかった。」と述べ、金正恩氏が前大統領と会談しなかったことについて言及した。

「オバマ前大統領は、非核化について話すつもりだと言った。我々はあなたを正当化するつもりはない。」

オバマ政権下で副大統領を務めたバイデン氏は、オバマ氏がより強力な制裁を推進していたため、金正恩氏と会談をしなかったと反論した。

トランプ大統領は2018年6月にシンガポールで金正恩氏と初めて会談した。これは、厳密に言えば交戦状態にある両国間の初めての首脳会談であり、後に両者は「恋に落ちた」と述べた。

両者はその後2度会談を行い、以来、北朝鮮は核とミサイルの実験を延期したが、アナリストは同国が兵器計画を前進させ続けたと述べた。

気候変動

トランプ大統領は、気候変動について、物議を醸している問題に取り組むバイデン氏の計画を非難し、インドと中国の空気を「汚い」と表現した。

同氏は「空気を汚しているのは中国やロシアやインドだ。」とは述べた。

同氏は、バイデン氏の気候計画はテキサスやオクラホマなどの石油が主要産業である州にとって「経済的大惨事」であったと非難した。

バイデン氏は、気候変動は「人類に対する実存的脅威であり、我々には対処する道徳的義務がある。」「今後8年から10年以内に後戻りできない状況になるだろう。」と述べた。

地球はすでに産業革命以前のレベルから摂氏約1度(華氏34度)まで上昇しており、致命的な熱波、干ばつ、熱帯低気圧の強度を高めるのに十分である。

トランプ大統領は、地球温暖化を摂氏2度より「はるかに低く」抑えることを目的としたパリ協定から米国を離脱させた。

トランプ大統領は、マイク・ポンペオ国務長官とマーク・エスパー国防長官が、拡大する米印パートナーシップの構築について話し合うためにニューデリーを訪問する数日前に発言した。

最初の大統領討論会で、トランプ大統領は、自身のパンデミックへの対応に対する批判の中で、新型コロナウイルスのデータに疑問を呈し、インドについて批判的に話した。

AFP

特に人気
オススメ

return to top