Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 初出場の神戸が準決勝進出 PK戦の末、水原下す―ACLサッカー

初出場の神戸が準決勝進出 PK戦の末、水原下す―ACLサッカー

2020年12月10日、カタールのアル・ワクラにあるアル・ジャヌーブ・スタジアムで行われたAFCチャンピオンズリーグ準々決勝の韓国水原サムスンブルーウィングス戦で優勝した神戸の選手たち。(AFP)
2020年12月10日、カタールのアル・ワクラにあるアル・ジャヌーブ・スタジアムで行われたAFCチャンピオンズリーグ準々決勝の韓国水原サムスンブルーウィングス戦で優勝した神戸の選手たち。(AFP)
Short Url:
11 Dec 2020 08:12:32 GMT9
11 Dec 2020 08:12:32 GMT9

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は10日、ドーハ郊外で準々決勝の2試合が行われ、日本勢で唯一8強入りした初出場の神戸は1―1からのPK戦を7―6で制して水原(韓国)を退け、準決勝に進んだ。決勝進出を懸け、北京国安(中国)に2―0で勝った蔚山(韓国)と13日に対戦する。

神戸、悲願まであと2勝 10人相手に苦戦もPK戦制す―ACLサッカー

神戸は前半7分に先制されたが、同40分に相手選手が退場となった反則で得たFKを古橋が直接決めて同点。その後は、1人多い状況にも好機を生かせず、延長戦に入っても勝ち越せなかった。PK戦では両チームともに6人目まで成功し、水原の7人目が失敗。直後に藤本が決めて決着をつけた。 

topics
特に人気
オススメ

return to top