Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フーシ派が「マリブに閉じ込められた家族を人間の盾として使用」

フーシ派が「マリブに閉じ込められた家族を人間の盾として使用」

2021年2月18日、サウジアラビア政府の支援を受けるイエメン政府軍の最後の基地のある国北部マリブ市郊外にある国内避難民キャンプのイエメンの子どもたち。 (AFP)
2021年2月18日、サウジアラビア政府の支援を受けるイエメン政府軍の最後の基地のある国北部マリブ市郊外にある国内避難民キャンプのイエメンの子どもたち。 (AFP)
Short Url:
28 Feb 2021 03:02:31 GMT9
28 Feb 2021 03:02:31 GMT9
  • 過激派は最近、マリブ西部のセルワのいくつかの避難民キャンプを襲撃し、一般市民の安全な地域への避難を阻止した

Saeed Al-Batati

アル・ムカッラ:イランの支援を受けるフーシ派によってマリブ地区のキャンプ内に閉じ込められた数百のイエメン人家族が、政府軍に対する人間の盾として使用されている、とイエメン政府は主張した。

土曜日、アラブ・ニュースが確認した報告によると、国際的に認められるこの政府の国内避難民キャンプ執行部は、民兵戦闘員がキャンプを包囲し、主要道路に地雷を仕掛けて家族の逃亡を阻止し、政府部隊の進出を妨げている、と述べた。

「フーシ派は、470世帯が逃げるのを妨げ、人間の盾として使っている。キャンプ内の多くの家族は、今日までまだフーシ派に捕らわれている」と報告書は述べている。

過激派は最近、マリブ西部のセルワのいくつかの難民キャンプを襲撃し、人々の安全な地域への避難を阻止した。

政府部隊は反政府勢力に対し、難民家族を人質に捕ることをやめ、キャンプからの退去を許可するよう、次のように訴えている。

「国内避難民キャンプの執行部は、フーシ派に対し、国際人道法を尊重し、市民や避難民を標的にすることを止め、人道支援物資の配送を容易にするために安全な通路を開くよう呼びかける。」

フーシ派は今月初め、国の北半分にある政府の最後の基地である石油が豊富な都市マリブに激しい攻撃を再開した。フーシ派は 4週間にわたり、アラブ連合からの大規模な航空および後方支援によって支えられた政府軍からの厳しい抵抗に直面してきた。

陸軍司令官によると、数百人のフーシ派が殺害、負傷、拘束され、マリブでの進撃が停止されたという。

陸軍軍事作戦局の司令官であるのNasser Al-Thaybani少将は、マリブを奪取するために派遣されたフーシ戦士の半数以上が戦闘で死亡または負傷した一方、陸軍部隊と同盟部族が政府管轄区域へのフーシの攻撃をすべて退けたと述べた。

しかし、イエメン政府軍も、激しい衝突の際に多数の死傷者を出した。

現地の将校やメディアは土曜日、マリブの特別治安部隊司令官Abdul Ghani Sha’alan大将は、金曜日にマリブ西部のセルワ地区のバローク山付近で反乱軍との戦闘中に命を落とした数人の政府軍兵士の一人であったと述べた。

名前の公開を拒否した現地の将校は、アラブ・ニュースに、Sha’alan大将は政府軍を指導し、先週政府軍が獲得した山頂付近で、フーシ派の攻撃を後退させたと語った。

反乱軍のマリブに対する攻撃開始以来、数人の陸軍司令官と部族の指導者が殺害されている。

土曜日、イエメン外務省は、この人口密度の高い都市が過去24時間に10発の弾道ミサイルで攻撃された後、住宅地を襲撃したフーシ派の「名を指して名を汚す」ことを怠ったとして、国際的な権利団体を批判した。

「2月初旬以降、この地区はフーシ派の最大かつ最も過激な攻撃を受けてきた。火砲、爆発物を搭載した無人機、弾道ミサイルなど、民兵たちはあらゆる種類の重火器を使用している」と同省は声明で述べた。

金曜日、イエメンのMaeen Abdul Malik Saeed首相は、戦争を同国陸軍にとって有利に傾けるアラブ連合の軍事的支援を歓迎し、陸軍部隊や部族がフーシ派をその支配地域から追い出すまで、彼らを支援し続けることを約束した。

特に人気
オススメ

return to top