Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 玩具メーカーが聖なる月ラマダンをイードと間違え、レゴの心温まる祝辞が失敗

玩具メーカーが聖なる月ラマダンをイードと間違え、レゴの心温まる祝辞が失敗

レゴブロックで構築された中東のバザール。(スクリーンショットYouTube)
レゴブロックで構築された中東のバザール。(スクリーンショットYouTube)
Short Url:
14 Apr 2021 07:04:03 GMT9
14 Apr 2021 07:04:03 GMT9
  • 「ラマダンが14世紀以上にわたり毎年祝福されてきたという事実にもかかわらず、いくつかの企業はまだラマダンの聖なる月をイード・アル=フィトルと間違えている
  • レゴのラマダン祝福のツイートに添付された写真には、「ラマダン・カリーム(恵み多い月ラマダン、おめでとう)」の代わりに「イード・ムバラク(イードおめでとう)」というテキストが示された

ロンドン:毎年、ラマダンの開始直前に、聖なる月の始まりを祝うために、祝福や祝辞が家族、友人、従業員、そして一般の人々に広く交わされる。

一部の企業は、ラマダンの祝辞の送信と同時に製品を販売することで、この祝福期間を利用している。それでも、ラマダンが14世紀以上にわたって毎年祝福されているという事実にもかかわらず、ラマダンの終わりの祝祭であるイード・アル=フィトルと聖なる月ラマダンを間違えている企業がある。

確かに、今年のラマダンの初日に、玩具メーカーのレゴは、ラマダンの祝辞を意図したメッセージをツイートした。 :「レゴセットで心に残るお祝いをして、家族で共に過ごす質の高い時間への扉を開きましょう。」

ここまでは大丈夫と思われるだろう。しかし、ツイートの添付写真には、「ラマダン・カリーム」やその他伝統的ラマダンの祝辞の代わりに「イード・ムバラク」というテキストが表示されていたため、必ずしもそうとは限らない。

人々はこの間違いにそれほど混乱せず、祝辞に関する多くのコメントはレゴ側の努力を認めるものだったたが、イードは30日間の期限がないことを強調した。

特に人気
オススメ

return to top