Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 有名高級デパートが「反パレスチナ」とされるコメントを理由に人気ブランドの撤去を発表

有名高級デパートが「反パレスチナ」とされるコメントを理由に人気ブランドの撤去を発表

カルトガイアはジャスミン・ラリアン氏が創設したロサンゼルスのブランド。Instagram
カルトガイアはジャスミン・ラリアン氏が創設したロサンゼルスのブランド。Instagram
Short Url:
20 May 2021 09:05:20 GMT9
20 May 2021 09:05:20 GMT9

アラブニュース

ドバイ:ハーヴェイ・ニコルズ・クウェートは今週、カルトガイアの創始者ジャスミン・ラリアン氏がInstagramに投稿したコメントを受け、ロサンゼルスを拠点とするこのブランドの製品を今後は取り扱わないことを発表した。同氏のコメントはソーシャルメディアで多くの人々から、「反パレスチナ」と見なされた。

彼女が28,200人のInstagramフォロワーと共有した投稿は、次のように述べている:「ソーシャルメディアでとても多くの間違った情報…一方的で拡散する憎悪を見かける。リポストするまえにストーリー全体について自分自身を教育してください。この暴力の犠牲者である双方の全ての人々のために祈っている」。また彼女は、「イスラエルの自衛権を支持します」という言葉が表示されている1枚の写真もリポストした。

地域の多くの人々が彼女の投稿を、反パレスチナの立場をとっており、「偽りのバランス」で議論していると受け止めた。そして、地元のデパートや電子小売業者に対し、カルトガイア製品の販売を止めるように要請した。

自分の投稿が集めた反発に反応して、イラン系ユダヤ人のラリアン氏は後に「両側を共有することに失敗したことで、自分が問題の一部であることを自覚しています」というコメントを共有し、次のように付け加えた:「私はパレスチナの人々と権利を支持していますが、イスラエルとユダヤ人に対する暴力と憎悪を煽るために彼らを利用している指導者たちは支持していないことも、はっきりさせたいと思う。完璧な世界では、イスラエルはすべての人々とすべての宗教のための場所であるべきです」。しかし、多くの小売業者はすでに棚からカルトガイアを撤去する決定を下していた。

クウェートのハーヴェイ・ニコルズは月曜、Instagramで、このアパレルブランドの取り扱いを中止する決定を発表した。「親愛なるフォロワーの方々へ。現在激化している事象のため、ハーヴェイ・ニコルズからカルトガイアを撤去する決定がなされました」と、声明には書かれている。

ドーハのギャラリー・ラファイエットもそれに続き、Instagramのダイレクトメッセージで同ブランドのボイコットを求めるユーザーに対し、「必要な措置を講じている最中」であると返信した。

地域有数の高級電子小売業者Ounassも、自社のオンラインプラットフォームとブルーミングデールズ中東でのカルトガイア製品の販売を中止した。

パレスチナ保健省によれば、ガザにおける死者数は合計197人に増加し、その中には少なくとも58人の子供と34人の女性が含まれる。今週、ガザ地区でイスラエルの空爆が始まって以来、少なくとも1,235人のパレスチナ人が怪我を負っており、その数は増えることが予想されると保健相は述べた。

特に人気
オススメ

return to top