Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ROKAドバイ、食べて楽しむすべての人々の集いの場所

ROKAドバイ、食べて楽しむすべての人々の集いの場所

ラム肉のカツレツ(提供)
ラム肉のカツレツ(提供)
ROKAの内装も日本の雰囲気を醸し出している。伝統的な建築様式で、木、鉄、コンクリートなどの素材を使用しており、デザインは村松功勝氏が担当している。(提供)
ROKAの内装も日本の雰囲気を醸し出している。伝統的な建築様式で、木、鉄、コンクリートなどの素材を使用しており、デザインは村松功勝氏が担当している。(提供)
ROKAのテラス(提供)
ROKAのテラス(提供)
Short Url:
05 Nov 2021 04:11:49 GMT9
05 Nov 2021 04:11:49 GMT9

シャムス・エル・ムトワリ

ドバイ: 日本食レストラン「ROKA」は、その料理と雰囲気で高い評価を得ており、2020年にドバイのグルメシーンに自然に溶け込んだ。最近ではリヤドにも進出し、クウェートでの展開も予定している。

Kampacha.(提供)

ROKAのコンセプトは、現代日本の炉端焼き料理に根ざしている。ゼネラルマネージャーのダニエル・ピーターマン氏は、炉端を「ROKAの心臓部」と表現する。

「炉端焼きとは、日本で何世紀にもわたって使われてきた調理法で、備長炭という高温の炭の上で、異なる焼き時間で食材を焼いていくものです」とピーターマン氏は説明する。炉端焼きは、ROKAの空間と料理体験の中心であり、客席の真ん中に設置されている。

ROKAドバイの人気メニューは、ブリの刺身に柚子トリュフのドレッシングをかけたものや、韓国のスパイスを使ったラムカツレツなどだ。炉端焼き料理の店だが、サラダや天ぷら、寿司や刺身などのメニューも充実している。

コンセプトは、創業者のライナー・ベッカー氏が「2004年にロンドンで」考案したものだ。同氏は「すべてのROKAレストランは、それぞれに個性がありますが、料理によって本質的につながっています」とアラブニュース・ジャパンに語る。

ベッカー氏の日本料理への関心は、彼自身の日本での生活や仕事の経験から生まれたもので、ZumaとROKAの両方を立ち上げるきっかけとなった。

テイスティングメニュー(提供)

この店のコンセプトは、店名にも反映されている。「ROKAは、炉端を囲んで食べ物や飲み物をシェアし(Ro)、熱や暖かさ、そしてすべてのエネルギーに包まれる(Ka)、そんな出会いの場です」とピーターマンはアラブニュース・ジャパンに語る。

ROKAの内装も日本の雰囲気を醸し出している。伝統的な建築様式で、木、鉄、コンクリートなどの素材を使用しており、デザインは村松功勝氏が担当している。

賑やかなドバイのフードシーンに溶け込むのには困難もあったが、ROKAは今や紛れもない成功を収め、多くの人々を魅了している。

特に人気
オススメ

return to top