Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 4日目:世界最大の柔術大会金メダル獲得のために困難を乗り越えてきた選手たち

4日目:世界最大の柔術大会金メダル獲得のために困難を乗り越えてきた選手たち

UAEのザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン慈善・人道財団理事長兼アブダビ・スポーツ評議会議長のシェイク・ナヒヤーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン氏と、宇宙飛行士ハザー・アル・マンスーリ氏。
UAEのザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン慈善・人道財団理事長兼アブダビ・スポーツ評議会議長のシェイク・ナヒヤーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン氏と、宇宙飛行士ハザー・アル・マンスーリ氏。
UAEのザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン慈善・人道財団理事長兼アブダビ・スポーツ評議会議長のシェイク・ナヒヤーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン氏と、宇宙飛行士ハザー・アル・マンスーリ氏。
UAEのザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン慈善・人道財団理事長兼アブダビ・スポーツ評議会議長のシェイク・ナヒヤーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン氏と、宇宙飛行士ハザー・アル・マンスーリ氏。
柔術界の世界的スターたちは、まばゆいばかりの輝きを見せた。
柔術界の世界的スターたちは、まばゆいばかりの輝きを見せた。
Short Url:
18 Nov 2021 11:11:38 GMT9
18 Nov 2021 11:11:38 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ:アブダビ・ワールド・プロフェッショナル柔術選手権(ADWPJJC)4日目、柔術界の世界的スターたちは、まばゆいばかりの輝きを見せた。

アラブ首長国連邦のザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン慈善・人道財団理事長兼アブダビ・スポーツ評議会議長のシェイク・ナヒヤーン・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン氏と、初めて宇宙に行ったUAEの宇宙飛行士ハザー・アル・マンスーリ氏は、観客でいっぱいのザイード・スポーツシティの柔術アリーナで試合観戦を楽しんだ。

アル・マンスーリ氏は、世界最大かつ最も権威ある柔術の大会であるADWPJJCの第13回公式開会式で、2020年7月の歴史的宇宙飛行に持って行ったUAE柔術連盟(UAEJJF)のバッジをシェイク・ナヒヤン殿下に贈呈した。

選手権の4日目には、世界各地から集まった青帯、紫帯、茶帯、黒帯のトップ柔術家がマットに登場した。

「UAE柔術連盟と柔術コミュニティを代表して、アブダビ皇太子及びUAE軍副最高司令官であるシェイク・モハメド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン殿下に感謝の意を表したい。彼の柔術への揺るぎない支援があるからこそ、私たちの愛するこの競技の発展が可能になり、今週、6日間で4000人の選手がこのマット上で戦うところを見ることができる」と、UAEJJFの副会長であるモハメド・サレム・アル・ダヘリ氏は、開会の挨拶で語った。

18歳のオマール・アリ・アル・スワイディ選手は、紫帯56kg級決勝で金メダルを獲得。期待に満ちた観客は喜びの声を上げた。バニヤス柔術クラブに所属するアル・スワイディ選手は、勝利の後、「これまで本当に一生懸命がんばってきたので、世界で一番になれたことはとても嬉しい。ハザ氏の前で戦えたことは本当に素晴らしく、とても刺激になった。彼は、この国に多くの誇りをもたらしてくれた。私も私なりのやり方で同じことができたことを嬉しく思う」と、語った。

一方、米国のメアリー・ジョーンズ選手は、女子青帯62kg級で優勝した後、「スーパースターになった気分」だと語った。「私はヨルダンに住んでおり、そこでトレーニングを始めた。長年ずっとサッカーをやっていたけれど、そろそろ新しいスポーツをやってみたいと思い、4年前に柔術を始めた。それ以来、柔術一筋だ。この競技を心から愛している。ワールド・プロでアブダビに来るのは3回目だけれど、回を重ねるごとにより良い体験になっている。スーパースターになった気分です」。

「こうして表彰台に上がれてとても嬉しい。特に仕事をしているとね。昨日はリモートで仕事をしていたくらいだから。サウナ減量をしながらメールに返信して、またサウナに逆戻りするという感じだった。仕事と柔術のバランスをとるのはかなり難しいけれど、私には素晴らしいジムがあり、素晴らしいチームメンバーがいる。彼らを代表して表彰台に立つことができて感激している」

女子紫帯70kg級で金メダルを勝ち取ったカウネ・ラモス・ダ・シルバ選手にとっても、犠牲は意味あるものとなった。21歳のシルバ選手は、「ここに至るには、たくさんの障害があった。12歳の時には、お金を稼ぐために交差点でお菓子を売っていた。ブラジル人の格闘家が国から出てこのように大きな勝利を手にするのがどれほど大変なことか、私は知っている」と語った。

「お菓子を売っていた頃から、ワールド・プロに出たいと思っていた。だから、今回の勝利は私にとって本当に意味のあることです。柔術についてだけでなく、夢を叶えるためにこれまでどれだけ努力したかについても考える。本当にかけがえのない体験です。ワールド・プロは最高の大会です。チーム、スタッフ、主催者全体のプロ意識は他にはないレベルです。他の国とは全然違う」

特に人気
オススメ

return to top