Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アラブのトップ水泳選手がFINA 世界水泳選手権アブダビ大会に出場予定

アラブのトップ水泳選手がFINA 世界水泳選手権アブダビ大会に出場予定

MENA地域の4選手は、12月に180か国以上からの1,000人を超えるアスリートたちに加わる。6日間で44の世界選手権タイトルが競われ、賞金総額は280万ドルとなる。(AFP)
MENA地域の4選手は、12月に180か国以上からの1,000人を超えるアスリートたちに加わる。6日間で44の世界選手権タイトルが競われ、賞金総額は280万ドルとなる。(AFP)
Short Url:
24 Nov 2021 02:11:30 GMT9
24 Nov 2021 02:11:30 GMT9

アラブニュース・ジャパン

アブダビ:アブダビスポーツ協議会はチュニジアのオリンピック金メダリスト、アハメド・ハフナウーイ選手と共にMENA地域からさらに3人のスター選手について、12月16日から21日まで開催されるFINA世界水泳選手権(25m)への出場を固めた。

エジプトのファリダ・オスマン選手、シリアのオマール・アッバス選手、FINA難民チーム代表のユスラ・マルディニ選手が、アブダビスポーツ協議会とFINAが主催してアブダビで行われるFINA世界水泳選手権への参加を固めた。

エジプトおよびアフリカで最速の女性スイマーであり、バタフライと自由形のスペシャリストのファリダ・オスマン選手は、東京2020オリンピック以降初めて競技大会で泳ぐことになる。この受賞歴を持つ水泳選手は東京大会で惜しくも100mバタフライ準決勝出場の機会を逃し、アブダビで開催される12月の選手権で記録を更新することを目指して、より強く、速く、上手くなって帰ってきた。

オスマン選手は2012年のロンドンオリンピックに17歳の若さで参加資格を得たことで世界的に認められるようになった。それ以来、彼女はアフリカ競技大会でメダルを獲得してきており、エジプトの国内チャンピオン、記録保持者でもある。

ユスラ・マルディニ選手は競争心の強いアスリートであるばかりでなく、世界中の数百万の難民たちに勇気を与える人物と見なされている。元々はシリア出身であるマルディニ選手は2015年にシリアの内戦を逃れ、ゴムボートでギリシャに渡ろうとした。水泳技術のおかげで、彼女は脱出の際に20人ほどの命を救った。

現在では、2016年夏季リオオリンピックにIOC難民チームの旗の下で競技に参加したことで有名であり、今年ふたたび、東京オリンピックで29人の難民選手団の一人となった。また、2017年4月から国連難民機関UNHCRの最年少アンバサダーに任命されている。

21歳のシリア人アスリート、オマール・アッバス選手が水泳のキャリアを築き始めたのは2005年で、2014年にシリアのナショナルチームで泳ぎ始めた。この若さでアッバス選手は既に多くのメダルやタイトルを手にしていて、インドで開かれた2019年のアジア選手権では2つのメダル(銀と銅)を獲得しており、200m自由形で銀メダルを、800m自由形で銅メダルを勝ち取った。

MENA地域の4選手は、12月に180か国以上からの1,000人を超えるアスリートたちに加わる。6日間で44の世界選手権タイトルが競われ、賞金総額は280万ドルとなる。

この国際大会に参加する地域の有望選手には、アラブ首長国連邦のライラ・アル・ハティーブ選手とヨーセフ・アル・マトルーシ選手も含まれる。

この選手権についてのコメントで、ファリダ・オスマン選手は以下の様に述べている。「今度のFINA世界水泳選手権でエジプトの代表となることを、誇らしく光栄に思っています。夏季オリンピックは予定通りにいきませんでしたが、それがパフォーマンスの改善とアスリートとしての成長へのさらなるモチベーションとなりました。懸命な努力と忍耐、パフォーマンス、サポートに結集してくれる人々が全てです」

「12月の選手権のような大会で国の代表となることはアスリートの夢であり、世界最高のアスリートたちと並んで立てる日を待ち遠しく思い、祖国のためにさらなる記録を打ち立てることを目指しています」

ユスラ・マルディニ選手はFINA世界水泳選手権への意気込みについて語り、以下の様に述べた「私の人生の目標は、誰もが自分の夢をあきらめないようにすることです。ある時点で不可能に思えたとしても、それから何が起こるかはわかりません。私の今度の選手権への参加がまさにそれを実現し、夢を追うように人々を鼓舞できたらいいと思っています。水泳は私の命を救ってくれました。FINA難民チームの代表として世界最高のアスリートたちと並んで競えることは私にとって大きな誇りです」

大会ディレクターのアブダッラー・アル・ワハイビ氏は以下のように語った。「FINA世界水泳選手権が近付く中、世界レベルにある多くのアラブの有望スポーツ選手を発表できることを非常に誇りに思います。選手たちを12月に私たちの素晴らしい街で歓迎できることを光栄に思っています。彼らは間違いなく母国に誇りをもたらすでしょう。一人ひとりのアスリートがそれぞれの個人的な理由によってインスピレーションの源であり、私たち全員が来月に彼らのレースをエティハドアリーナで見られることを楽しみにしています」

特に人気
オススメ

return to top