Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • UAE中国間の関係拡大に伴いドバイ万博で「四川の日」を開催

UAE中国間の関係拡大に伴いドバイ万博で「四川の日」を開催

2020 ドバイ万博のパビリオンのディレクターたちと、関係のある商工会議所による祝辞のビデオ。(提供)
2020 ドバイ万博のパビリオンのディレクターたちと、関係のある商工会議所による祝辞のビデオ。(提供)
四川省とUAE間の貿易協力協定の調印式。(ANJP Photo)
四川省とUAE間の貿易協力協定の調印式。(ANJP Photo)
四川省とUAE間の貿易協力協定の調印式。(ANJP Photo)
四川省とUAE間の貿易協力協定の調印式。(ANJP Photo)
2020ドバイ万博中国パビリオンは「中国四川の日」の開始を宣言した。(提供)
2020ドバイ万博中国パビリオンは「中国四川の日」の開始を宣言した。(提供)
2020ドバイ万博中国パビリオンは「中国四川の日」の開始を宣言した。(提供)
2020ドバイ万博中国パビリオンは「中国四川の日」の開始を宣言した。(提供)
成都で行われた四川文化ショーの模様がイベント「中国四川の日」会期中にドバイで上映された。(ANJP Photo)
成都で行われた四川文化ショーの模様がイベント「中国四川の日」会期中にドバイで上映された。(ANJP Photo)
Short Url:
19 Dec 2021 06:12:28 GMT9
19 Dec 2021 06:12:28 GMT9

アラブニュース・ジャパン

ドバイ:2020年 ドバイ国際博覧会で「中国四川の日」が開催された。この企画はUAEと成都の両都市で執り行われ、UAEと中国の関係の深まりを示した。

このイベントはパラマウントホテル・ドバイを会場に、中国の四川省人民政府の後援を受けて「協力と革新、天府のチャンス」のテーマを掲げて開催された。

出席したのは、2020ドバイ万博中国パビリオン総監督でCCPIT副会長のチャン・シュンフン氏、四川省人民政府副知事リ・ユンツェ氏、UAE駐中国大使アリ・オバイド・アル・ダヘリ氏、在ドバイ中国総領事リ・シュアン氏、世界商工会議所連盟会頭でドバイ商工会議所会頭のハマド・ブアミム氏、ドバイ対内直接投資局(ドバイFDI)CEOのファハド・アル・ゲルガウィ氏、また、中国、韓国、ネパール、UAEの企業団体である。

イベントは5つのセッションに分かれていた。最初にリ・ユンツェ氏の歓迎の辞で開会し、彼はUAEと中国の間の二国間協力について語った。

リ・ユンツェ氏は、このイベントの目的は、人々が「四川省にしかない魅力と発展の勢いについて理解を深められる」ようにし、四川省の市場を開放するためのルートを広げるビジネス活動を促進することだと言った。

さらに「私たちは、経済と貿易、人文科学、農業、観光における政府の相互訪問に各方面で協力しています。2015年には成都とドバイ間の直行便が就航しました。2020年の四川省のUAEへの輸出入額は55億人民元(8億6,200万ドル)で、今年は前半の数カ月で67億7,000万人民元を超えました」と付け加えた。

「新たな始まりに際し、四川省は、ドバイ万博の中国パビリオンに習近平主席が寄せたメッセージを理解し、実践することに丹念に取り組みます。スタートにはずみをつけるために、『一帯一路』の成都・重慶都市経済圏の開発などの重要な機会を十分に活かします」

「一帯一路」構想には、古代の交易路を現代の形で復活させることを見据えた数十億ドルのインフラ投資が含まれる。UAEはこのルートから近いこともあり、地域再生の恩恵を受けることになる。

イベント期間中は貿易協力協定がいくつも結ばれ、UAEの四川国際商業会議所駐在事務所の設置が発表された。

また、四川の情報を提供する説明会が行われた。この地域は自然資源が豊富で生物多様性に恵まれていることから「肥沃な大地(天府)」とも称される。

説明会では、貿易関係と投資機会を通して新たに出現しつつある巨大都市としての成都の可能性について概説した。さらに環境保護、公共空間、生活の質をこの地域の課題と統合させてきた都市計画のあり方についても説明した。

成都には4つの工業地帯がある。「フォーチュン500」に選出された企業を多数擁し、事業育成の面でも成都の実力が高いことが示されている。

ドバイ商工会議所会頭兼CEOのハマド・ブアミム氏はスピーチの中でUAEと中国間の経済、貿易、投資における長年のつながりについて話し、中国はUAEの2番目に大きな貿易相手国であると述べた。

「中国企業はドバイの優位性を活かして投資し、この地域における新たな機会を幅広く模索し、グローバルな地位を高めています」とブアミム氏は語った。

そして「私たちが参加を決めた一番の目的は、ドバイに新しいビジネスを誘致し、UAEのビジネスと世界の同様の企業とのつながりを促すことです。UAE、特にドバイは、アジア、ヨーロッパ、アフリカの間に戦略的に配置された流通のハブとして、『一帯一路』で重要な役割を担うことが期待されています。中国からUAEとドバイへの輸出の70%は、GCC諸国、インド、アフリカの他の市場に再輸出されていると推定されています。ドバイ商工会議所と2020ドバイ万博を、世界の企業がグローバルに市場を拡大する上で活用できるハブおよび玄関口として位置付けています」と付け加えた。

ドバイFDIのCEOのファハド・アル・ゲルガウィ氏は、四川イベントを開催した主催者を祝し、経済の多様化でUAEとドバイが直面してきたことについて話した。

UAEのパラマウントホテル・ドバイで開かれたイベント「中国四川の日」で話すドバイFDIのCEOのファハド・アル・ゲルガウィ氏。(ANJP Photo)

「今回行われたプレゼンテーションで四川省について明確に把握することができ、大きな喜びを感じています。特に先ほど四川省の概要とさまざまな特徴についてのビデオを見て、省の無二の魅力と発展に驚き、ぜひ訪ねたいと思いました」とアル・ゲルガウィ氏は言った。

中国とUAEの指導者は2018年と2019年に相互に訪問し、包括的なパートナーシップを築いた。「2020年、ドバイと中国間の貿易額は395億ドルに達しました。同年、ドバイは67億ドルの外国直接投資を呼び込みました。それはMENAで1位、世界で4位の規模です」とアル・ゲルガウィ氏は付け加えた。

2020 ドバイ万博のパビリオンのディレクターたちと、関係のある商工会議所による祝辞のビデオ。(提供)

続いて、2020 ドバイ万博のパビリオンの何人ものディレクターたちと、関係のある商工会議所による祝辞のビデオが上映された。うち1人は日中経済協会の笹原信代表だった。

イベントでは他にも、文化ショー、中国ジャイアントパンダ保護研究センターからの生中継、三星堆博物館をはじめとする有名スポットの展示など、数多くの楽しいパフォーマンスが盛り込まれた。

特に人気
オススメ

return to top