Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 仮想通貨は次なるインターネット?

仮想通貨は次なるインターネット?

CoinMENAのようなプラットフォームは、認可されたソースを通じて仮想通貨に投資することを望む富裕層の需要に支えられている。 (Shutterstock)
CoinMENAのようなプラットフォームは、認可されたソースを通じて仮想通貨に投資することを望む富裕層の需要に支えられている。 (Shutterstock)
Short Url:
27 Dec 2021 10:12:14 GMT9
27 Dec 2021 10:12:14 GMT9

ナダル・サモーリ

大阪: 紙の貨幣が価値を持つのは、多くの人がそれが商品に裏付けられていると信じているからだ。仮想通貨は人々にとってそのような価値を持つ最新のものだ。

アラブ首長国連邦出身のファイザン・アクタル氏はCoinMENA B.S.C ©の財務責任者である。彼は、トークン化された資産ポートフォリオを構築しつつ、仮想通貨取引所で働いている。彼は、今の仮想通貨の盛り上がりを1990年代のインターネットの隆盛と比較する。

「今後のことは確かではありませんが、現在の仮想通貨利用者人口は、1997年にインターネットを使い始めた人数に近いと思います。世界は新しい適応に向かう始まりの地点にあるのかもしれません。私たちはかつて電話回線を使ってインターネットに接続していましたが、そのノウハウを活かしてより新しい技術を生み、後にWi-Fiを発明しました。後から考えると古い技術は不必要に思えますが、今のレベルに到達するためには必要不可欠なものだったのです。」

従来の銀行は、今、その「古い技術」になりつつあり、仮想通貨に資金を投入するために利用されている。お金は中央銀行を離れて、仮想通貨のエコシステムにログインされ、その中を巡っている。

「最終的には、すべての貨幣が仮想通貨に進化し、銀行は何らかの形で適応する方法を見つけなければ、無意味なものになるかもしれません。」とアクタル氏は話す。

仮想通貨は交換に不換紙幣を使用する。金や銀のような商品に裏付けされていない貨幣だ。その価値は、各個人からの信用にのみ基づく。それは、新しい価値がどこにあるかという新しい集団的幻想となる。

商品ベースの貨幣は、支配力を得るために中央銀行に紙幣を印刷して保有するよう常に促してきたが、不換紙幣の価値は安定している。

不換紙幣の違いは、その取引が公共のものであることだ。つまり、人々は自身の資産や自身の貨幣の循環方法を管理できるため、銀行という仲介者を排除できる。さらに、政府が仮想通貨システムに試されているのは、それが、支配を人々に受け渡し、資産によって人々の生活を管理できなくなる、透明性による強制的な民主主義だからだ。

「例えば、1イーサリアムを友人の誰かに送ると、ハッシュレートが公に見られるようになります。公開された台帳は、人々の資産を管理しようとする中央銀行に多くの問題をもたらします。」とアクタル氏は言う。

では、人々はどのように投資を始められるのだろうか。

人々は、KYC(Know your customer)の手続きを行い、規制された暗号取引所から参入することができる。これには、IDの審査、書類の確認、その他の顧客確認手続きが含まれる。

「私たちのプラットフォームCoinMENAでは、5時間程度の手続きの後、準備ができ稼働します。KrakenやBinanceなど、多くのプラットフォームがあります。しかし、中東では、お金を入れることはできても不換紙幣を引き出せず、貨幣の回転が制限されるため、活発に活動していません。」とAkhtar氏は言う。

現在、GCC全体で認可されている取引所は2つで、いずれもバーレーンにある。1つはCoinMENAで、もう1つはRainだ。バーレーンは、中央銀行から仮想通貨に認可を与えるという大きな賭けに出た。

CoinMENAのようなプラットフォームは、認可されたソースを通じて仮想通貨に投資することを望む富裕層の需要に支えられている。現在、サウジアラビア、オマーン、クウェート、UAEで運営されている。人々は、10種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル…)のいずれかを購入し、コインを売却して、不換紙幣に替え、紙の貨幣を銀行口座から引き出すことができる。

「10年後、世界の富の革新は、世界にハイパーインフレを引き起こすかもしれません。仮想通貨取引から取り残された人々や、早くから波に乗れなかった人々は、資産が大幅に減価する可能性があるため、やるしかない状況だと思います。現在、CoinMENAには30名が在籍しています。うち5人は給料を完全に仮想通貨で受け取っています。このように物事は進化しています。」とアクタル氏は話した。

人々が仮想通貨をより信用し、価値をさらに与えれば、人々は仮想通貨にさらに資金を投入し、その価値が高まる。デジタルバリューが生まれる中、デジタルクリエイションの台頭は始まったばかりなのかもしれない。

topics
特に人気
オススメ

return to top