Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 湾岸諸国閣僚、3月1日を「健康都市デー」に

湾岸諸国閣僚、3月1日を「健康都市デー」に

GCC保健相は、3月1日を「健康都市デー」とした。(Supplied)
GCC保健相は、3月1日を「健康都市デー」とした。(Supplied)
Short Url:
17 Apr 2022 02:04:28 GMT9
17 Apr 2022 02:04:28 GMT9
  • 「湾岸健康都市デー(Gulf Healthy Cities Day)」宣言は、WHOが開始した地域保健活動の一つである、健康都市プログラムに参加した湾岸諸国の努力の集大成として行われた。

ラシッド・ハッサン

リヤド:湾岸協力会議(GCC)加盟国の保健相は、3月1日を「湾岸健康都市デー」とすることを宣言した。

このイベントは毎年開催される予定で、健康都市プログラムの開発目標を強調し、すべての健康都市内の意思決定者や様々なセクターによるコミュニティへの参加を促進しながら、湾岸諸国が担う役割を一つにすることを目的としている。

こうしたプロセスを通じて、個人の健康を増進し、医療にかける経済的負担を軽減し、持続可能な開発目標(SDGs)を達成することを目指している。SDGsは2015年に国連総会で設定され、2030年までに達成することを目標としている。

GCC保健相は、保健協力の強化や健康都市のさらなる発展を目指し、共同プログラムやプロジェクトを推進するため、2022年から2026年までの活動戦略を策定している。

GCCの共同事業は、持続可能な都市開発を通じて住民を守るためにWHOが定めた、予防プログラムに沿ったものでもある。

「湾岸健康都市デー」宣言は、WHOが開始した地域保健活動の一つである、健康都市プログラムに参加した湾岸諸国の努力の集大成として行われた。

サウジアラビア保健省は1999年からこの取り組みを行っている。この開発型予防プログラムでは、直接・間接的に健康に影響を与える、住民の生活と幸福に関連する環境のあらゆる要素の改善に取り組んでいる。

また、健康と福祉に対する責任は個人から始まるという現代的な概念を強化する統合的な組織モデルであることから、サウジアラビア全土(45以上の自治体とセンター)の意思決定者から関心と支持を得ている。

近年、サウジアラビアは地域的・世界的規模で医療を発展させており、ディルイーヤ、メディナ、タイフ、ウナイザ、ジャラジル、アルマンダク、ジャムーム、リヤド・アルクブラ、シャルーラの9つの健康都市がWHOによる認定を受けた。

これに加えて、プリンセス・ヌーラ・ビント・アブドゥッラハマーン女子大学がリヤド初の健康増進型大学として認定された。

特に人気
オススメ

return to top