Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アル・ウラーにて、第2回ヘグラ・ノーベル賞受賞者会議開催

アル・ウラーにて、第2回ヘグラ・ノーベル賞受賞者会議開催

サウジアラビア初のユネスコ世界遺産ヘグラで、3日間にわたって行われたヘグラ・ノーベル賞受賞者会議2022(アル・ウラー)で、ノーベル賞受賞者と同志の要人ら。(提供)
サウジアラビア初のユネスコ世界遺産ヘグラで、3日間にわたって行われたヘグラ・ノーベル賞受賞者会議2022(アル・ウラー)で、ノーベル賞受賞者と同志の要人ら。(提供)
サウジアラビアのアル・ウラーで開催されたヘグラ・ノーベル賞受賞者会議2022で閉会の挨拶をするトルキー・ビン・ファイサル・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下。(提供)
サウジアラビアのアル・ウラーで開催されたヘグラ・ノーベル賞受賞者会議2022で閉会の挨拶をするトルキー・ビン・ファイサル・ビン・アブドルアジーズ・アル・サウード王子殿下。(提供)
Short Url:
07 Jun 2022 11:06:27 GMT9
07 Jun 2022 11:06:27 GMT9
  • サウジアラビア諮問評議会のマハ・アル・セナン氏は以下のように語る。「現代、私たちは異なる文化を持つ個人を理解し、自分たちが似ていると実感することができます。私たちの問題は似ていて、私たちのケースは似ているのです」
  • パンデミックに対処するためのコロナウイルスワクチンの迅速な生産が、人々が協力できることを証明しています、と2019年ロレアル・ユネスコ女性科学賞受賞者のカレン・ハルベルク氏は述べた。

アラブニュース

アル・ウラー:アル・ウラーで開催された国際会議に集まったノーベル賞受賞者や専門家らは、世界の指導者、組織、個人に対し、コロナウイルスの流行時に取り組んだように、この地球の抱える社会経済と健康に関する緊急課題を解決するために協力するよう促した。

この訴えは、2022年6月5日日曜日に開催されたヘグラ・ノーベル賞受賞者会議2022の「世界をひとつに:我々が見逃しているのは共通の目的なのか」と題されたパネルディスカッションの中で行われた。

この会合は平和、経済、文学、物理、化学、生理学・医学の各分野のノーベル賞受賞者と社会・政治のリーダーが一堂に会し、世界の主要な社会問題について議論し、人類の在り方に貢献する解決策を提示する場となっている。

2020年初頭、ノーベル賞受賞者の集いとして第1回ヘグラ・ノーベル賞受賞者会議が開催された。初回の成功に続き、最新版では、さまざまな権威ある賞から名誉ある受賞者を迎えた。

この会議には、以下のような多様な知識人が集結した。グアテマラの人権活動家リゴベルタ・メンチュウ氏(1992年ノーベル平和賞受賞)、レフ・ワレサ元ポーランド大統領(1983年ノーベル平和賞受賞)、ジャーナリストのマイケル・モス氏(2010年ピューリッツアー賞(調査報道部門))およびジェフ・ゴットリーブ氏(2011年ピューリッツアー賞(公益部門))、カリフォルニア大学バークレー校ジェームズ・アンド・ニールチェ・トレッター化学教授であるオマー・M・ヤギー教授(キングファイサル賞)、ヨーロッパ最大の基礎科学機関であるフランス国立科学研究センター(CNRS)の研究部長、ドミニク・ランジュヴァン氏(ロレアル・ユネスコ女性科学賞)。

この会議には、ファイサル国王研究センター会長のトゥルキ・アル・ファイサル・アル・サウード王子を筆頭に、イオン・ストラテジー社の創立パートナーであるヌーラ・ビン・トゥルキ・サウード王女、RCU理事会メンバーのイブラヒム・ムハンマド・アル・スルタン氏など、サウジアラビアの有力者が出席した。

アル・スルタン氏は開会の辞で、この会議の世界的な意義を強調した。「ヘグラ・ノーベル賞受賞者会議は、重要な知識の交換と対話というアル・ウラーの遺産を反映するものです。現在、人類が直面している最も重大な課題を分析し、実施可能な提言を作り出す強力な試みです」

また、サウジアラビアの高校生や大学生など約20名の代表団が参加し、その多くはサウジアラビアの優れた才能のある若者向けの「マウヒバ・プログラム」の恩恵を受けている。特に、最終日に行われた「これからの10年を担う若者たち」というテーマのフォーラムでは、学生たちがさまざまな議論に寄与した。

会議はアル・ウラーのマラヤ・コンサートホールで開催され、サウジアラビア諮問評議会のメンバーであるマハ・アル・セナン氏、2019年ロレアル・ユネスコ女性科学賞受賞者のカレン・ハルベルク教授、2007年ノーベル平和賞受賞者のモハン・ムナシンゲ教授も参加した。

話し合いの中で、アル・セナン氏は、変わりゆく世界において、個人のコミュニケーションが効果を発揮するようになっており、世界の課題に対する共同行動を強化するために個人のコミュニケーションが利用されるべきだと述べた。「私たちはこのことを考慮しなければなりません。現在、私たちは異なる文化を持つ個人を理解し、自分たちが似ていることに気づくことができます。私たちの問題は同じであり、私たちのケースは同じです」とアル・セナン氏はアラブニュースに語った。

「この時代には…人から人へ、個としての一国から他国へ語りかけ、自分たちの存在をもっとアピールし、共通の関心を持つことを示すべきだと思います」とアル・セナン氏は述べた。

「私たちには共通の課題があり、この問題に対処する方法があれば、行政を常に通すのではなく、その知識を他の人と共有することができます。これは今まさに起き始めていることであり、既にある傾向です。研究者として、私たちは常に政府の影響や行動だけに注目するのではなく、それを研究しなければなりません」とアル・セナン氏は付け加えた。

アル・セナン氏は、サウジアラビアを例に挙げ、かつてサウジアラビアは閉鎖的な国だと思われており、「人々は友好的ではありませんでした。彼らは観光客やサウジアラビアで働くために来ている人たち、あるいはソーシャルプラットフォームを通じて、個人を直接相手にして、今何が起こっているのかを考えているのです…各国は、個人を通じてサウジアラビアを知っています」と語った。

「そして今、彼らは私たちの国、私たちの社会について、異なる視点を持っています。今、人々は私たちを異なる手法で見ています」とアル・セナン氏は付け加えた。

ハルベルク氏は、コロナウイルスワクチンについて、世界が集団的責任と共に協力してパンデミックに立ち向かった例として言及した。

「世界的に見て、科学者たちは非常に迅速にワクチンにたどり着くことができ、このことがウイルスとパンデミックを本当に克服するための基礎となりました」と、ハルベルク氏はアラブニュースに語っている。

アル・ウラー王立委員会のデスティネーション・マネジメント・マネージャーであるコロウド・マネア氏は、この地域はいつの時代も人々が知性認識、ソリューション、アイデアを共有するために集ってきた文明の交差点であると述べた。

「このイベントの主な目的は…今後14か月間にアル・ウラーで実施する具体的な取り組みとなるであろう決定的な成果を生み出すことです」とコロウド・マネア氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top