Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 賞金総額2億サウジリヤルの第1回サウジ競技大会が10月27日開幕

賞金総額2億サウジリヤルの第1回サウジ競技大会が10月27日開幕

また、主催者は、サウジ競技大会が「ビジョン2030」に沿った大規模スポーツイベントの開催に向けたサウジの能力を高めることになると指摘した。(提供)
また、主催者は、サウジ競技大会が「ビジョン2030」に沿った大規模スポーツイベントの開催に向けたサウジの能力を高めることになると指摘した。(提供)
Short Url:
30 Jul 2022 03:07:40 GMT9
30 Jul 2022 03:07:40 GMT9
  • 200以上のクラブが、45の個人競技と団体競技で競い合う
  • アスリートたちは、2億サウジ・リヤルを超える記録的な額の賞金をかけて競い合う

アラブニュース

リヤド:新型コロナウイルスの流行により2020年3月に延期された第1回サウジ競技大会が、10月27日から11月7日にかけて開催され、賞金総額が2億サウジ・リヤル(5320万ドル)以上になることが、金曜日に発表された。

この発表を行ったスポーツ大臣兼サウジアラビアオリンピック・パラリンピック委員会会長のアブドルアジーズ・ビン・トルキ・アル・ファイサル王子は、サウジの指導者にこの分野への支援を感謝し、このイベントはサウジのスポーツにとって歴史的な節目となると述べた。

王子は次のように話した。「サウジ競技大会は2年前に発表され、その後パンデミックのために延期されました。しかし、神の恩恵と国民を第一に考える政府の努力により、私たちはパンデミックを無事に乗り切り、今日何の制約もなく、日常を楽しむことができるようになりました」

「この大会はサウジアラビア史上初めて開催されるため、13の地域が互いに競い合うこれまでの仕組みを見直しました。国内のスポーツ連盟と何度かワークショップを行った結果、サウジ競技大会のためにアスリートを獲得・育成する公式な地域統括団体がないため、多くの地域が出場に苦労することがわかりました」

「そのため、国内の地域や都市を代表するクラブ間の競争が、この節目イベントで目標達成するための最適な方法だと確認しました」

「現在、15種類以上のスポーツを統括する100以上のクラブが活動していますが、これはクラブ支援戦略の直接的な成果であり、目に見える成功を収めて4年目を迎えます。本日発表したこの変更は、クラブが様々なスポーツに注目する動機付けとなるでしょう」

「サウジ競技大会における私たちの最大の目標は、1年弱前に立ち上げたエリートアスリートプログラムを通じて、新しいスポーツのヒーローを生み出すことです。サウジ競技大会を通じて新たな才能を発掘し、大陸や国際的な大会で表彰台に上れるように後押しすることを約束します」と王子は付け加えた。

大会組織委員会は、リヤドで開催される大会の仕組みを変更し、これまで発表されていた地域別方式ではなく、クラブ単位で競い合う方式にすることを発表した。

200以上のクラブが、45の個人競技と団体競技で競い合う。

メダルのほか、優勝クラブには100万サウジ・リヤル、準優勝クラブには35万サウジ・リヤル、3位の参加者には10万サウジ・リヤルと、2億サウジ・リヤルを超える賞金をかけて選手たちは競い合う。

また、アマチュア選手や個人がサウジ競技大会に参加する機会を提供するため、個々の競技にSOPCの旗を掲げて出場することが認められる。

7月31日から8月7日の間に、選考会への登録が行われる予定だ。選考会は、8月15日から9月10日の間、後日発表のスケジュールで、22の競技について開催される。

大会主催者は、このイベントが、アスリートをスカウトし、将来のオリンピック勝者に育てるために作られたエリートアスリートプログラムとの連携で、新しい世代のスポーツチャンピオンを発掘することを期待している。

また、主催者は、この大会が「ビジョン2030」に沿った大規模スポーツイベントの開催に向けたサウジの能力を高めることになると指摘した。

特に人気
オススメ

return to top