Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本の西岡がルブレフに圧勝 ATPシティ・オープンの決勝でキリオスと対戦へ

日本の西岡がルブレフに圧勝 ATPシティ・オープンの決勝でキリオスと対戦へ

日本の西岡良仁がシティ・オープン準決勝のアンドレイ・ルブレフ戦でボールを打ち返している。2022年8月6日、ワシントンDCのロック・クリーク・テニスセンターにて。(AFP通信)
日本の西岡良仁がシティ・オープン準決勝のアンドレイ・ルブレフ戦でボールを打ち返している。2022年8月6日、ワシントンDCのロック・クリーク・テニスセンターにて。(AFP通信)
Short Url:
07 Aug 2022 08:08:59 GMT9
07 Aug 2022 08:08:59 GMT9

ワシントン:日本の西岡良仁が6日、世界ランク8位のアンドレイ・ルブレフに対しストレートの大金星を挙げ、今年のウィンブルドン準優勝者のニック・キリオスと共に、7日に行われる「ATP・WTAシティ・オープン」男子決勝に進んだ。

世界ランク96位の左利きの西岡は第1シードのルブレフとの80分の試合を、6-3、6-4により制し、2020年のデルレイビーチ・オープン以来となるATPツアーの決勝に進出した。

2018年の深セン・オープンで唯一のATPツアータイトルを獲得している西岡は、3月以降今大会までツアーレベルの試合での勝利から遠ざかっていたが、今週既に5勝を挙げており、月曜日に公表される世界ランクは少なくとも54位まで上昇する見込み。

6日に西岡が決めたウィナーはわずか12本だったが、ルブレフが犯した33本のアンフォーストエラーに最大限付け入り、5本中4本のブレークポイントをものにした。

「ある程度アグレッシブに行こうと心がけていました。アンドレイがアグレッシブに来ることがわかっていたからです」と西岡。「彼に対しては、多少アグレッシブにプレーする必要があったんです」

キリオスとの過去の対戦成績は0勝3敗であり、直近ではキリオスが優勝した2019年のシティ・オープン3回戦で彼に敗れている。

「僕たちは何度も対戦してきましたが、16歳のときからキリオスは毎回私に勝っているんです」と西岡は言う。「キリオスとの試合は非常に厳しいものになります。彼にはペースというものがないんです。全てのボールを非常に強い力で打ってきます。彼からブレイクを取るのは本当に難しいですよ」

「一番重要なことは自分のサービスゲームに集中することです」

AFP通信

topics
特に人気
オススメ

return to top