Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 在レバノン日本国大使館、文化交流のためのオペラコンサートを開催

在レバノン日本国大使館、文化交流のためのオペラコンサートを開催

在レバノン日本国大使館とレクサスBUMCが主催したイベント「スギとサクラ – 音楽のメッセージ」に出演する日本人ソプラノの平井富司子氏。(提供写真)
在レバノン日本国大使館とレクサスBUMCが主催したイベント「スギとサクラ – 音楽のメッセージ」に出演する日本人ソプラノの平井富司子氏。(提供写真)
在レバノン日本国大使館とレクサスBUMCが主催したイベント「スギとサクラ – 音楽のメッセージ」に出演する日本人ソプラノの平井富司子氏。(提供写真)
在レバノン日本国大使館とレクサスBUMCが主催したイベント「スギとサクラ – 音楽のメッセージ」に出演する日本人ソプラノの平井富司子氏。(提供写真)
Short Url:
22 Sep 2022 08:09:08 GMT9
22 Sep 2022 08:09:08 GMT9

アラブニュース・ジャパン

在レバノン日本国大使館は金曜日、レクサスとトヨタの国内総代理店であるレクサスBUMCと共同で、「スギとサクラ – 音楽のメッセージ(Cedar and Sakura – Music Message)」と題したオペラコンサートを開催した。

このコンサートには、日本人ソプラノの平井富司子氏、レバノン人オペラ歌手でバスバリトンのセザル・ナアシ氏、ピアニストのマルク・カラム氏らが出演した。

このイベントには、大久保武駐レバノン日本大使、多数の閣僚、国会議員、外交官、判事、宗教界の人物、教授、メディアや社会の有力者のほか、国会議員のファリド・アル・ブスタニー博士が会長を務めるレバノン日本協力協会が出席した。

大久保大使は歓迎スピーチの中で、「音楽には聴く人の心に届く驚くべき力があると信じます。それが、この国が最も困難な時期に直面する中で、人々に希望と逆境に立ち向かう力を与えるためにこのコンサートを開催することを決めた理由です」と述べた。

コンサートは1時間以上にわたって行われ、聴衆はオペラ楽曲のほか、ヴォーン・ウィリアムズ、プッチーニ、ロッシーニ、カッチーニなどの国際的な作曲家の手による複数のクラシック音楽や、日本とレバノンの伝統的な歌を楽しんだ。

 

 

特に人気
オススメ

return to top