Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 戦後75年、沖縄慰霊の日=地上戦犠牲者追悼、平和誓う―知事「記憶風化させない」

戦後75年、沖縄慰霊の日=地上戦犠牲者追悼、平和誓う―知事「記憶風化させない」

23 Jun 2020
沖縄全戦没者追悼式で、席の間隔を空けて黙とうする参列者=23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園。(File photo/AFP)
沖縄全戦没者追悼式で、席の間隔を空けて黙とうする参列者=23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園。(File photo/AFP)
沖縄全戦没者追悼式で、席の間隔を空けて黙とうする参列者=23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園。(File photo/AFP)
沖縄全戦没者追悼式で、席の間隔を空けて黙とうする参列者=23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園。(File photo/AFP)
Short Url:
Updated 23 Jun 2020
23 Jun 2020

沖縄は23日、太平洋戦争末期の地上戦の犠牲者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。沖縄戦で最後の激戦が繰り広げられた糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開かれ、平和への誓いを新たにした。

戦後75年となる今年は新型コロナウイルス感染症対策として、式典の規模を例年の5000人から大幅に縮小し、161人が参加。参列者は座席の間隔を空けるなどの感染対策を取り、正午には犠牲者の冥福を祈り、1分間の黙とうをささげた。

追悼式では、玉城デニー知事が平和宣言を読み上げた。戦争の記憶を風化させないため、沖縄戦で得た教訓を正しく次世代に伝え、平和を希求する「沖縄のこころ」を世界で共有することを呼び掛けた上で、「人類の英知を結集し、核兵器の廃絶、戦争の放棄、恒久平和の確立にまい進しなければならない」と訴えた。

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題にも言及し、「自然豊かな海や森を次の世代に残すため、今を生きる我々世代が責任を持って考えることが重要だ」と強調した。

安倍晋三首相は感染症対策の一環で参列はせず、ビデオ映像であいさつ。沖縄に米軍基地が集中している現状について「到底容認できるものではない。基地負担の軽減に向け、一つひとつ確実に結果を出していく決意だ」と述べた。

被爆地の広島、長崎両市長もビデオ映像で、世界に平和を根付かせるよう連帯を訴えた。県立首里高校3年の高良朱香音さん(17)は、自作の「平和の詩」を朗読。生き延びた戦争体験者に感謝の意を表した上で、平和への決意を誓った。

沖縄では1945年4月、米軍が本島中部に上陸。多くの住民が戦闘に巻き込まれ、軍民合わせて20万人以上が犠牲となる国内最大の地上戦となった。

犠牲者の名を刻んだ、平和祈念公園内の「平和の礎(いしじ)」には、今年新たに30人が追加され、刻銘者数は計24万1593人となった。

JIJI Press

topics
Most Popular
Recommended

return to top