Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ガザで希望と統一回復のためのパレスチナ運動が発足

ガザで希望と統一回復のためのパレスチナ運動が発足

27 Jul 2020
ガザ地区のイスラエルによる封鎖の解除への希望を込めて、「創意を用いて」パレスチナ人を統一させる民権運動が日曜日にガザで発足した。(供給)
ガザ地区のイスラエルによる封鎖の解除への希望を込めて、「創意を用いて」パレスチナ人を統一させる民権運動が日曜日にガザで発足した。(供給)
Short Url:
Updated 27 Jul 2020
27 Jul 2020
  • 発足において、「統一と希望の回復に向けた民権運動」と書かれた大きな背景の前に人々が立った。
  • ハマスがガザを支配し、パレスチナ自治政府がイスラエル占領の西岸の自治区を統治する。

ダウド・クッターブ

アンマン:「創意を用いて」パレスチナ人を統一する民権運動が、ガザ地区のイスラエルによる封鎖の解除への希望を込めて、7月27日にガザで発足した。

「Qadreen」(「我々にはできる」)を支持するチームは、プリンストン大学の客員教授であるパレスチナ前首相サラーム・ファイヤド氏の構想に従っていると述べた。氏はアラブニュースに、統一、再建、収束を呼びかけるメディアでの氏の最近の記事に対する人々の肯定的反応を「非常に嬉しく思う」と語った。

発足時、「統一と希望を回復するための民権運動」と書かれた大きな背景の前に男女のグループが立った。

「Qadreen」のイスマエル・フセイン氏は、統一は急を要すると述べた。「この統一は、リップサービスや公共活動ではなく、ただちに行われる必要がある。現場で適用され、この許容しがたい分裂を永久に終わらせなければならない」と氏はアラブニュースに語り、ハマスとファタハの深い分裂について言及した。フセイン氏はファイヤド氏を引用して述べた。:「我々の権利が奪われたとしても我々の意志は失われない」

ハマスは2007年にファタハ主導のパレスチナ自治政府から力ずくでガザ地区の支配権を掌握し、パレスチナは2つの政府に分裂した。ハマスがガザを支配し、国際的に承認されるパレスチナ自治政府がイスラエル占領下西岸の自治区を統治している。両者とも憎い敵のままである。ガザ地区のイスラエルによる封鎖は、領土での生活に打撃を与えた。

「Qadreen」は、パレスチナ人が直面する慢性的問題を終わらせるための「深刻で効果的な」パートナーシップの決断を要求した。「これはPLO(パレスチナ解放機構)を介して、所在地に関わらずあらゆるパレスチナ人統一の場として、迅速に行われ得る。」

パレスチナ統一は「ガザの包囲の解除を達成するだけでなく、パレスチナ人民の不動の能力を高め、我々の国家的権利が直面する危機に立ち向かうことができる」と述べた。

アラブの日刊紙アシャルク・アルアウサトとタイムマガジンに掲載されたファイヤド氏の記事は、パレスチナの指導者に以前の宣言を「解除する」よう呼びかけ、パレスチナ人が「我々の政治を再統治し、制度を再構築および強化するプロセス、特に13年間の決裂と分離後の過酷な事業を開始するための努力、を惜しむべきではない、と伝えた。

「自分たちの運命を切り開いていくためには行動計画が必要である。上記オプションに基づき構築された政策方針に集中すれば、その行動計画をまとめ始めることができる。」とファイヤド氏は記した。

topics
Most Popular
Recommended

return to top