Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 領有権が争われる東シナ海の島々周辺への「前例のない」中国船侵入、米軍は監視支援可能と米国

領有権が争われる東シナ海の島々周辺への「前例のない」中国船侵入、米軍は監視支援可能と米国

29 Jul 2020
在日米軍(USFJ)のケビン・シュナイダー司令官。(AFP)
在日米軍(USFJ)のケビン・シュナイダー司令官。(AFP)
Short Url:
Updated 29 Jul 2020
29 Jul 2020

日本が支配し、中国も領有権を主張する東シナ海の島々周辺への中国船による「前例のない侵入」が来月、中国政府が同海域での漁業を解禁した後にエスカレートする可能性があるとして、米軍はこれらの領海侵入行為の監視の支援が可能であると、米軍司令官ケビン・シュナイダー司令官が水曜日に述べた。

日本で尖閣諸島、中国で釣魚島として知られるこれらの無人島の領有権に関して米国は中立な立場をとっているが、同盟国である日本が攻撃に対して防御する場合は支援するとしている。

中国外務省はシュナイダー司令官のコメントに直ちに反応し、島々は中国の領土であると述べ、すべての当事者に対して地域の安定を支持するよう求めた。

ロイター

topics
Most Popular
Recommended

return to top