Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本、通信網から中国を排除する米国の計画には参加せず

日本、通信網から中国を排除する米国の計画には参加せず

米国は同盟国に対し、セキュリティ上の理由から、次世代の5G携帯電話ネットワークからファーウェイを排除するよう迫っている。(Shutterstock)
米国は同盟国に対し、セキュリティ上の理由から、次世代の5G携帯電話ネットワークからファーウェイを排除するよう迫っている。(Shutterstock)
Short Url:
16 Oct 2020 05:10:14 GMT9
16 Oct 2020 05:10:14 GMT9

東京:日本は米国に対し、中国企業を通信網から排除するという米国政府の計画への参加を現時点では見送ることを伝えた。読売新聞が金曜日、複数の情報筋を引用して報じた。

同紙の記事によると、日本は、米国と連携しつつ、安全保障上の懸念がある場合には独自の対応を取るという。

米国務省は8月に「クリーンネットワーク」と呼ばれる計画の更新を発表し、中国起源の通信会社、クラウドサービス・プロバイダー、モバイルアプリを米国に持ち込まないよう要求している。

米国は同盟国に対し、セキュリティ上の理由から、次世代の5G携帯電話ネットワークからファーウェイを排除するよう迫っている。

読売新聞によると、マイク・ポンペオ米国務長官は今月初めに東京で茂木敏充外務大臣と会談した際、「クリーンネットワーク」計画に言及したという。

記事によると、日本は米国に対して、特定の国を排除する枠組みには参加できないが、米国の現行計画に変更があれば再考すると伝えたという。

政府の報道官である加藤勝信官房長官は、ポンペオ氏と茂木氏との会談では、「クリーンネットワーク」計画について意見交換はなかったが、米国はサイバーセキュリティへの取り組み全般について説明したと理解している、と読売新聞に答えた。

加藤氏は金曜日の記者会見で、「我が国は米国とのサイバーセキュリティ分野での協力を継続的に強化していきたい」と述べた。

加藤氏はまた、日本は情報通信機器を調達する際にサプライチェーンのリスクを軽減するための措置を講じることで、サイバーセキュリティの安全性を確保すると述べた。

ロイター通信 

特に人気
オススメ

return to top