Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 46年間にわたり逃亡してきた容疑者の釈放を支持者らが地裁に要求

46年間にわたり逃亡してきた容疑者の釈放を支持者らが地裁に要求

1971年11月14日に行われ大坂正明氏の即時釈放を要求するため、2月18日木曜た米軍基地に対するデモで警官を殺害したとして起訴された活動家の日に、東京地裁の外に12人の抗議者が集まりました。(ANJP Photo)
1971年11月14日に行われ大坂正明氏の即時釈放を要求するため、2月18日木曜た米軍基地に対するデモで警官を殺害したとして起訴された活動家の日に、東京地裁の外に12人の抗議者が集まりました。(ANJP Photo)
1971年11月14日に行われ大坂正明氏の即時釈放を要求するため、2月18日木曜た米軍基地に対するデモで警官を殺害したとして起訴された活動家の日に、東京地裁の外に12人の抗議者が集まりました。(ANJP Photo)
1971年11月14日に行われ大坂正明氏の即時釈放を要求するため、2月18日木曜た米軍基地に対するデモで警官を殺害したとして起訴された活動家の日に、東京地裁の外に12人の抗議者が集まりました。(ANJP Photo)
Short Url:
18 Feb 2021 10:02:40 GMT9
18 Feb 2021 10:02:40 GMT9

アラブニュースジャパン

 

東京:1971年11月14日に行われ大坂正明氏の即時釈放を要求するため、2月18日木曜た米軍基地に対するデモで警官を殺害したとして起訴された活動家の日に、東京地裁の外に12人の抗議者が集まりました。
 
大坂氏は、2017年6月18日に広島で逮捕されるまで46年間逃亡していました。
 
地方裁判所外に集合した彼の支持者は、東京で起きた殺人事件に関する彼の関与の証拠が検察ファイルから消えたと言います。
 
彼の支持者によると、大坂氏は東京での拘禁中に鼻ポリープに苦しんでいたが、病気の治療を受けておらず、これは拷問に等しいと主張しています。

犯行から約50年後、昨年、殺人に関与したという明確な証拠もなく終身刑を宣告された星野文昭氏の死後、彼の支持者たちは大坂氏の即時釈放を要求しています。
 
支持者らはまた、大坂氏がCOVID-19に感染する危険性があるとして、氏が拘留されている状況に憤慨しています。

特に人気
オススメ

return to top