Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • タリバン幹部が会見 「報復はせず、女性の権利を尊重する」

タリバン幹部が会見 「報復はせず、女性の権利を尊重する」

タリバンのザビフラ・ムシャヒド報道官は火曜日。カブールでの初の記者会見で、反乱軍は復讐を求めておらず、誰もが許されると述べた(AP通信)。
タリバンのザビフラ・ムシャヒド報道官は火曜日。カブールでの初の記者会見で、反乱軍は復讐を求めておらず、誰もが許されると述べた(AP通信)。
Short Url:
19 Aug 2021 12:08:03 GMT9
19 Aug 2021 12:08:03 GMT9
  • 女性は仕事や勉強を続けることが許され、「イスラム教の枠組みの中ではあるが、社会の中で非常に活動的になるだろう」とタリバンのスポークスマンは語った。
  • タリバンは、元兵士や欧米に支援された政府のメンバーへの報復は求めないと述べた。

サイード・サラフディン

カブール: タリバンの共同創設者でもある政治指導者は火曜日にアフガニスタンに凱旋、他国との平和的関係や女性の権利の尊重を誓った。

次期大統領になると言われているムッラー・アブドル・ガニ・バラダル氏は、カタールからカンダハール(タリバンの精神的生誕地であり、1996年から2001年まで支配していたアフガニスタンの首都)に飛んだ。

バラダル氏は、2010年から2018年までパキスタンの刑務所に入っていたが、米国の要請で釈放された。ドーハでの会談ではタリバン代表団を率い、2月に米国との和平合意に署名した。

バラダル氏の飛行機がカブール空港に着陸した際の、アフガニスタン人が駐機場に押し寄せた混乱の翌日、米国と西側の同盟国は外交官と民間人のための避難便を再開。

フランスのフロランス・パルリ軍事大臣は、タリバンが空港を封鎖しているためにアクセスが困難になっていると述べたが、火曜日には約12の便が出発した。

カブールを制圧したタリバンは、火曜日に首都で会見を行い、以前のような厳しい支配に戻るのではないかという不安の払拭に努めた。

ザビフラ・ムシャヒド報道官は、「我々は内外の敵を望まない」と語った。女性は働いたり勉強したりすることができ、「イスラム教の枠組みの中で、社会に積極的に参加することができる」と述べた。

ムシャヒド氏は、タリバンは元兵士や欧米に支援された政府のメンバーに報復することはないと述べ、元アフガン政府の兵士や国際軍のために働いた契約者や通訳者には恩赦を与えていると語った。

また、「誰もあなたに危害を加えることはなく、誰もあなたの家をノックすることはありません」と述べ、20年前と現在のタリバンには「大きな違い」があると述べた。

彼は、アフガニスタンでは民間メディアが自由で独立した存在であり続けることができると述べ、タリバンは彼らの文化的な枠組みの中でメディアにコミットしていると語った。

また、カブール空港で国外に脱出しようとしている家族は帰宅すべきであり、彼らに害は及ばないと述べた。

会見の後、国連スポークスマンのステファン・ドゥジャリク事務総長報道官は次のように述べています。「実際に何が起こるのか、約束が守られるのか、現場での行動を確認する必要がある」。

カブールでは、タリバン幹部が市内の主要なシーク教やヒンドゥー教の寺院を訪れ、宗教的少数派の保護を誓ったほか、女性の医療従事者に仕事を続けるよう促したメンバーもいた。

カブールの路上では、多くの女性が男性の保護者や顔を覆うものなしに屋外に出て行き、商店や市場も再開された。

市内の高級住宅街では、武装したタリバン戦闘員が遠くから見守る中、女性グループがタリバンに “女性の声を封じ込めるな “と訴える集会を開いた。

特に人気
オススメ

return to top