Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • G7外相 ルカシェンコ政権を非難

G7外相 ルカシェンコ政権を非難

声明はベラルーシの指導者であるアレクサンドル・ルカシェンコ氏の行動に対し、手加減をしない明確な批判を行った。(Reuters)
声明はベラルーシの指導者であるアレクサンドル・ルカシェンコ氏の行動に対し、手加減をしない明確な批判を行った。(Reuters)
Short Url:
19 Nov 2021 02:11:53 GMT9
19 Nov 2021 02:11:53 GMT9
アラブニュース・ジャパン
東京:木曜日、ベラルーシとポーランドの国境で発生した移民危機をめぐり、G7諸国の外相と欧州連合(EU)の代表が声明を発表した。
声明はベラルーシの指導者であるアレクサンドル・ルカシェンコ氏の行動に対し、手加減をしない明確な批判を行った。
 
「我々、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国のG7外相及びEU上級代表は、ベラルーシの政権による、自国の国境を越える通常ではない移住の企てを非難する。この冷酷な行為は人々の生命を危険にさらしている。我々は、ハイブリッド戦術として、この通常でない移住の挑発的標的となっているポーランドや、リトアニア、ラトビアと連帯し結束する」
 
「我々は、更なる死や苦しみを防ぐため、ベラルーシの政権に対して、その攻撃的かつ搾取的な作戦を即時に止めるよう求める」
 
G7外相はまた、国際機関は人道支援を届けるための即時かつ阻害されないアクセスを与えられる必要があると述べた。
 
声明は続けて、「ベラルーシの政権の行動は、ベラルーシ自らが国際法及び自国民のものを含む基本的自由と人権を軽視し続けていることから関心をそらそうとする試みである」と政権を強く批判した。
 
一方、ルカシェンコ政権の行動を終わらせるために移民の出身国及び経由国と緊密に協力しているEUの行動を賞賛するとしつつ、「我々は、責任を有する者にその責任を負わせ、ベラルーシにおける市民社会及び人権を支援するために引き続き協力していく」とした。
特に人気
オススメ

return to top