Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • インドを含むクアッド首脳、ウクライナ侵攻への懸念を共有、岸田首相

インドを含むクアッド首脳、ウクライナ侵攻への懸念を共有、岸田首相

2022年5月24日、東京での日米豪印フェローシップ創設記念行事に出席するアンソニー・アルバニージー豪首相、ジョー・バイデン米大統領、岸田文雄首相とナレンドラ・モディ印首相(File photo/Reuters)
2022年5月24日、東京での日米豪印フェローシップ創設記念行事に出席するアンソニー・アルバニージー豪首相、ジョー・バイデン米大統領、岸田文雄首相とナレンドラ・モディ印首相(File photo/Reuters)
Short Url:
24 May 2022 07:05:32 GMT9
24 May 2022 07:05:32 GMT9

インドのナレンドラ・モディ首相を含む、日米豪印4か国の枠組み、クアッドの首脳は、東京の会合でウクライナ情勢に対する懸念を共有したと、日本の岸田文雄首相が24日明らかにした。

「4か国の首脳は、ウクライナ情勢がインド太平洋地域に及ぼす影響について率直に話し合い、インドを含む全首脳が、ウクライナでの悲惨な紛争について懸念を表明し、法の支配や主権、領土一体性の原則はいかなる地域でも守られなければならないことを確認した」と岸田首相が語った。

岸田首相のコメントは、モディ首相を含む、ジョー・バイデン米大統領およびオーストラリアの新首相に就任したアンソニー・アルバニージー氏とのクアッド首脳会合後に出された。

インドのモディ首相を含む4か国全首脳はまた、法の支配や主権、領土一体性の重要性において意見が一致したと、首相が述べた。

インドはロシアに対する米国主導の制裁に加わっておらず、ウクライナ侵攻に対する非難決議も棄権しており、米国にはインドに対する不満がある。

ロシア政府は、ウクライナに対する軍事行動を「特別軍事作戦」と位置付けている。

インドは近年、米国と緊密な関係を築いており、中国に対抗するための日米豪印4か国枠組みの重要な参加国であるが、ロシアとも長年にわたる関係を築いている。ロシアはインドにとっては、防衛機器や石油の主要な供給国となっている。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top