Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 山口市のサル被害で42人が怪我

山口市のサル被害で42人が怪我

7月8日頃の最初の襲撃以降、市の職員と警察が一帯を巡回しているが、サルは1匹も捕獲されていない。(Shutterstock)
7月8日頃の最初の襲撃以降、市の職員と警察が一帯を巡回しているが、サルは1匹も捕獲されていない。(Shutterstock)
Short Url:
25 Jul 2022 11:07:25 GMT9
25 Jul 2022 11:07:25 GMT9

東京:日本の山口市は最近サルの被害を受けており、42人が怪我をしている。市は25日、麻酔銃の使用に踏み切った。

ニホンザルは日本国内に広く生息しているが、作物を食べ荒らすだけでなく家に侵入する場合もあり、悩みの種となっている。

だが、山口市でサルの襲撃事件がここまで連続すること今までなかった。大人も子供も、引っかかれたり噛まれたりして怪我を負っている。

「山口市は全方位を山に囲まれているため、サルはよく見かけます」。市の農政課の女性はAFPにそう語った。

「ですが、短期間のうちにこれほど多くの被害が生じるのは稀です」

これまでのところ被害者の怪我の程度は軽いが、関係者が仕掛けた罠にこの厄介な霊長類が1匹もかからなかったため、麻酔銃を持ち出す事態となった。

「最初は子供と女性だけが襲われていましたが、最近では高齢者や成人男性も標的になっています」と前述の女性は述べている。

市では襲撃が複数のサルによるものか、それとも攻撃的な1匹によるものかも把握していない。網戸を開けて侵入したり、窓から侵入するケースもある。

7月8日頃の最初の襲撃以降、市の職員と警察が一帯を巡回しているが、1匹も捕獲されていない。

ここ最近、このニュースは日本を賑わせており、「侵入された」との報告が地元住民から定期的に上がっている。

ある父親は毎日新聞に次のように語っている。「1階から悲鳴が聞こえたので、急いで下に降りていきました」

「すると、サルが子供に覆いかぶさっていたのです」

AFP

特に人気
オススメ

return to top