Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 最低賃金、上げ幅最大31円=時給961円、物価高騰で―厚労省審議会

最低賃金、上げ幅最大31円=時給961円、物価高騰で―厚労省審議会

Short Url:
01 Aug 2022 11:08:14 GMT9
01 Aug 2022 11:08:14 GMT9

中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会は1日、2022年度の最低賃金の上げ幅の目安を全国加重平均で31円(3.3%)と決めた。目安通り改定されれば全国平均で時給961円となる。物価高騰を背景に、上げ幅は時給で示すようになった02年度以降で最大だった21年度(28円)を上回った。

2日午前に後藤茂之厚労相に答申する。目安は各都道府県を経済情勢などに応じてA~Dの4ランクに分け、AとBは31円、CとDは30円とした。目安を踏まえ、都道府県ごとの審議会を経て引き上げ額をそれぞれ決め、10月をめどに新たな最低賃金が適用される。

ウクライナ情勢や円安による物価高で労働者の生活は苦しくなっており、労使は最低賃金引き上げの必要性では認識が一致。ただ、中小企業を中心に原材料高を製品やサービスの価格に十分転嫁できておらず、収益は圧迫され、企業側は支払い能力を考慮するよう主張していた。これまで計4回の協議では上げ幅や算出根拠をめぐる労使の溝は埋まらず、水面下で調整が続けられてきた。

岸田政権にとっても最低賃金は重要課題だ。6月に閣議決定した経済財政運営の基本指針「骨太の方針」には「できる限り早期に最低賃金の全国加重平均が1000円以上となることを目指し、引き上げに取り組む」と盛り込んだ。

最低賃金は都道府県ごとに定められ、すべての労働者を対象に支払われなければならない最低限の時給。21年度は全国平均で930円となった。16年度以降は20年度を除き毎年20円超上がり、上昇率は3%程度で推移してきた。

時事通信

topics
特に人気
オススメ

return to top