Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 天皇陛下、英国王レセプションに=安置所でエリザベス女王にお別れ

天皇陛下、英国王レセプションに=安置所でエリザベス女王にお別れ

午後8時40分ごろには、女王のひつぎが安置されているウェストミンスターホールを訪れ、女王にお別れをした。(AFP)
午後8時40分ごろには、女王のひつぎが安置されているウェストミンスターホールを訪れ、女王にお別れをした。(AFP)
Short Url:
19 Sep 2022 02:09:53 GMT9
19 Sep 2022 02:09:53 GMT9

ロンドン時事:エリザベス女王の国葬に参列するため訪英中の天皇陛下は18日夕(日本時間19日未明)、ロンドンのバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ国王主催のレセプションに出席された。女王には安置所でお別れをした。

ダークスーツ姿の天皇陛下は18日午後5時ごろ、ロンドン中心部にある滞在先のホテルを車で出発。同行した側近によると、レセプションは午後6時すぎから1時間超開かれ、悲しみの中でも和やかな雰囲気だったという。陛下はチャールズ国王夫妻に対し、陛下と皇后さま、上皇ご夫妻からの弔意を伝えた。

女王の長女アン王女やオランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻、韓国の尹錫悦大統領やマクロン仏大統領らとも会い、台風14号による被害に対し、お見舞いの言葉も受けたという。

午後8時40分ごろには、女王のひつぎが安置されているウェストミンスターホールを訪れ、女王にお別れをした。陛下は「女王からいただいた温かい心に感謝の気持ちを込め、お別れのごあいさつを静かにさせていただいた」と話していたという。 

皇后さまは国葬に向けて体調を整えるため、ホテルで過ごした。

両陛下は19日午前11時(日本時間同午後7時)からウェストミンスター寺院で営まれる国葬に参列する。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top